Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

『十戒』は 十戒の『偽証するなかれ』は隣人に対してではな


『十戒』は 十戒の『偽証するなかれ』は隣人に対してではな。「偽証するなかれ」と言われているのは、神の民となっている人々ですので、神を最も良く知っている筈の民が、神の証人である人が神について偽証してはならないと言うことです。十戒の『偽証するなかれ』は、隣人に対してではなく神に対してですか 「神に誓って約束を守る」とよく言いますが、ならば偽証するなかれは神に対するものではないですか そもそも人間同士の契約なら、力関係次第で反故にされます 双方が絶対者の神に誓うから、契約が有効になるのではないですか また、人間同士で勝手に契約を結び横の連携を作るのは、絶対者の神への反逆です 契約は必ず神を仲介させねばなりません 法廷での宣誓も、オリンピックの選手宣誓も、他の人間に対してではなく神に対してするものです 2015年1月号「隣人について偽証してはならない」。こういうわけだから。あなたがたは偽りを捨てて。おのおの隣り人に対して。
真実を語りなさい。わたしたち今回のテーマは。モーセの十戒の番目の戒め
です。「隣人わかりやすい言葉で言うと「偽証とは。嘘をつくこと」で。聖書
では「嘘をついてはいけません」と言っています。「偽証しと聞かれて。「
さんが割ったのではなく。さんが割った」と。さんをかばって嘘を言ったとし
ます。

『十戒』は。十戒』は。人間に対する神の信頼を示している。問題の本質は。自分の《
カッコの良し悪し》ではなく。他者に《迷惑を掛けるか掛けないか》の気遣いの
はずだ。第十戒「隣人の財産 を貪っ むさぼ てはならない」は。第八戒「盗ん
ではならない」とダブっているようですが。第十戒あなたは。姦淫をしない 八
あなたは。盗みをしない 九 あなたは。偽証をしない 十 あなたは。隣人の財産を
貪らない神は。神が創り出したものに対して命令をすることはない。メッセージ。十戒は。神様との関係についてのつの戒めと。人と人との関係についての6つの
戒めに分けられます。 この人とそれは大切だったから。言葉ではなく。石の板
に。神様の手で自ら書いてくださいました。そして。嘘いうのは個人的な人間
関係の中で語られることであるのに対して。「偽証」は。何らかの公の場で。「
証人」としての立場にある者がすることだ。ということにあります。つまり。
私たちが「隣人に関して」どのような証言をしているか。が問われているのです

聖書研究。この戒めは同時に。その人の一生を大きく左右する裁判での証言も意味してい
ます。わたしが。誰に対しても。偽りの誓いをなさず。誰に対しても。言葉を
曲げず。陰口をきかず。悪口をいわず。誰をも。調べることなく。軽率に。罪に
定めることを。ハイデルベルク信仰問答』は。「十戒」の第戒の「偽証」を
法廷だけではなく。私どもが日常生活で隣人に向かって語る言葉をも含めてい
ます。偽証してはならない。本日は。十戒の第九の戒め「隣人に関して偽証してはならない」をご一緒に読み
。み言葉に聞きたいと思います嘘をついてはならない」ではなくて「偽証して
はならない」と言われていることには意味があります。中で語られることで
あるのに対して。「偽証」は。何らかの公の場で。「証人」としての立場にある
者がすることだ。ということにあります神様の独り子である主イエスが。私
たちの全ての罪を背負って。身代わりとなって十字架にかかって死んで

十戒。十戒について 神は。モーセによって十の戒めを与えられました。これが「十戒」
です。前半は神に対する契約。後半は人間に対する汝。わが顏の前に。我の
ほか何物をも 神とするべからず。エホバはおのれの名をみだりに口にあぐる者
を 罪せではおかざるべし。汝。その隣人に対して偽りの証を立つるなかれ。日曜朝の礼拝「偽証してはならない」大阪吹田市の千里摂理教会。ここで言う「偽証」というのは。裁判の席で証言をする時に。偽りの証言を語る
。ということです。けれども。この十戒が与えられたのは。今から三千年も前
のことですから。決して。今のような裁判を想定しているわけではありません。
ですから。この第九の戒めは。現代においては。裁判の席だけの話ではなくて
。日常生活の中で。偽りの言葉を語り。正義パウロは。エフェソの信徒への
手紙の中で「偽りを捨て。それぞれ隣人に対して真実を語りなさい。

「偽証するなかれ」と言われているのは、神の民となっている人々ですので、神を最も良く知っている筈の民が、神の証人である人が神について偽証してはならないと言うことです。現在でもエホバの証人と言うグループは自称神の証人とは言っていますが、神を偽って宣教していますので「偽りの証人」となっています。十戒の「偽りの証言をしてはいけない。」というのは、基本的に裁判の場所での発言のことを指しています。そして、当然、あの文脈の背景にある裁判というのは、神様の前における裁判であり、モーセや裁き司という人たちが神様の代理人という立場をとります。そうゆう意味では、「偽りの証言をしてはいけない。」というのはもちろん神様に対してのものといえると思いますが。神様の前に偽りを言わないということは、真実をいうということですのでその法定にいるすべての人に対して偽りを言わない。ということになります。ですので、間接的には裁判の場において人に対しても偽りを言わないということは当然含まれている命令となっています。十戒は、神とユダヤ人との契約条項です。全ての条項に適用されますが、あなたは、他者に対して偽証をしないということを、私神と誓うことです。神への偽証は、神は人と違い、いつでもどの人でも見ておられるのですから、神に偽証しても、たちどころに神に知られます。人は騙せても、神は騙せないのです。十戒は、以下の項目を守るなら、私神は、守る者を私の保護のもとに置くということです。つまり、神と人の正しい関係を約束している戒めです。ここで使われている偽証という言葉は、裁判での証言を意味しています。偽証して、被告を落としめることを禁じている意味を持っています。聖書は、偽証を非常に厳しく戒めています。そもそも、古代オリエントでの契約は対等な関係での契約ではなく、主従関係の契約だったそうです。契約内容としては、従う事でも持ってもらう様なもの、「主」に大使へは「服従」です。本題の「偽証」に関しては、神と人共にだと理解しています。「正しいエパ、正しいオメルを用いよ…」「正義と公正をして生きよ…」等…神様は当然、隣人人に対しても…

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です