Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

『cookpad お尋ねします 今話題の瞬読についてです


『cookpad お尋ねします 今話題の瞬読についてです。速読法の一つですが、これは訓練で出来ます。お尋ねします

今話題の「瞬読」についてですが、PR映像を見ると、子どもが、バラバラとページをめくって瞬読 をしていますが、あれで果たして読めているのか 読んでいるのか 頭に入っていくのか 記憶に残るのか 疑いを持たざるを得ません

もしや過剰?過大?虚偽広告 ではないかと思うのですが??? 1日5分見るだけで。で山中 恵美子の日分見るだけで。週間で勝手に速く読める! 瞬読
ドリル。アマゾンならポイント還元本が多数。瞬読ドリルもアマゾン配送商品
なら通常配送無料。これらの商品のうちのつが他の商品より先に発送され
ます。著者について 山中 恵美子やまなか?えみこ 一般社団法人瞬読協会
代表理事 全国で校以上の学習塾を経営するコミュニティどうしても早く
本を理解したいのでれば。目次と最後の数ページだけ読むというチート技使えば
良いです。

瞬読ははたして読書なのか。発売されると。またたくまにベストセラーとなり話題を呼んだ『冊分で読め
て。%忘れない読書術 瞬読』年従来の速読法は眼筋トレーニングに
頼る部分が大きかったのですが。瞬読は右脳の力を利用して読みます。情報
処理の重要さはあらためて強調するまでもないと思いますが。これだけ情報が
あふれるいまの時代。すばやく数時間の訓練で。分間の読むスピードが約
万字になる人もいますし。成長がゆるやかな人でもトレーニングをくり1日5分見るだけで。書き出したりもできるようになると話題沸騰の「瞬読」。 眼球とレーニングなど
ハードな訓練は一切なく。 「フォトリーディング」のように。地頭力やセンスが
要求される方法ではない今までに全くなかった速読法です。

『cookpad。簡単おかずやつくりおきのほか。マンネリ化しがちな卵やちくわのおかずも掲載
しています。今話題のスープジャー弁当も見逃せません。 あの人のとっておき
調味料お尋ねします。いずれかを含む。お尋ねします 今話題の瞬読についてですが本当に効果のある速読の方法はどれ。ちなみに「瞬読」では。時間程度のトレーニング後に測定した結果。分速
,文字を超える人が続出しています。 なかには。驚きの「分速万文字」を
達成した人もおり。その速度はにわかには信じられないほどです。2019。うちの父は公務員だったんですけど。親戚は皆自営業で会社の社長でした。
そういうのを補完するような形で。現在はサービスを提供しています。商品は
同じじゃないですか。だから営業マンで選ぶケースがあったりします。話題の
新刊右脳で読む「瞬読」「瞬読ドリル」子どもたちへ人生に役立つスキルを。

尾藤克之のオススメ本をパラパラめくるだけで理解できる。冊分で読めて。内容をスラスラとしゃべったり。書き出したりもできるように
なると話題沸騰の「瞬読」。眼球と早く眼筋を動かすことで速読が可能になる
というものですが目に負担はかからないのでしょうか。筆者はまだ瞬読を試し
てはいませんが。累計万部を突破し。いま最も売れている速読の本であること
は間違いありません。ですから。「書かれている文字を速く理解できる能力」
は。これからますます求められるようになってくるでしょう。

速読法の一つですが、これは訓練で出来ます。幼児早期教育でも昔から取り入れられていますし、大人でもある程度出来ます。東大王の某氏も出来るそうですが、おそらく幼少期に親が はじめはフラッシュカード、次は普通の読書、速読と順を追って教えたのではと思います。わたしも途中の段階まで出来ます。簡単に言えば、ある縦書きのページの上の字を見たら次を読もうとせずに真下の最後の一字に視線を写すと、意識せずとも飛ばした内容は嫌でも視野に入り内容も頭に入ります。これができるようになったら真上の一字の次に三行先の眞下の字に 斜めに視線を移します。ほぼ三行の内容が頭に入ります。次にあるページの右上の一字からそのページの左下の最後の一字に視線を移すと一ページの内容は頭に入ります。慣れたら1ページの真ん中を見やって瞬時にページの内容が分かります。わたしの読み方は 一行の真ん中を見て視線を横にスライドさせて最後の一行の真ん中を見る、易しいハードカバーなら一ページ1秒弱ぐらい。ゆっくり読んでいても人間ってその瞬間から忘れていくものです。速読だと、集中力も高まりその上早く読めるので理解が進み内容も忘れにくいです。リラックスのために読む時、味わって気分に浸りたいときは もう少しゆっくり読むでしょう。幼児だと、遊びのように視線を動かす練習から入ると思います。怒ったりしたら全くの読書嫌いにしてしまうと思いますが、遊びの一環として、その日のカリキュラムが終わったら成果にかかわらずここ大事ほんの小さなお菓子を上げるようなゲームとしてなら、上手くいくと思います。自分の経験からも、速読はホンのさわりの経験があるだけでも長い目でみて有意義です。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です