Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

がんばらない介護 すみません長くなります私の父方の祖母は


がんばらない介護 すみません長くなります私の父方の祖母は。葬儀は、亡くなった人の為のものではなくて、残された人が、亡くなった人とのお別れをする儀式ですなので父親や親族が来ますあなたは祖母が大好きなのですから、祖母が生きている間に会えば良いだけではありませんか祖母に会い、帰り際には、もうこれが最後になるのかも知れないと、お別れしてくるのです普通に帰るのですが、気持ち的に、これで祖母に会えるのは、最後かも知れないと覚悟をしながら、祖母とお別れしてきますそうすれば、葬儀に出なくても、悔いは残りませんよ実はわたしは自分の両親の最期には、どちらとも会っていませんやはり離婚していて、父の死は亡くなってから8年後に、母は行方不明になり、亡くなって2ヶ月後に分かりましたそんなで会っている時に、自分が出来ることを精一杯やってきて、別れ際には、もうこれが最後になるのかもと思いながら居ましたので、最後のお別れは出来ませんでしたが、悔いはありません大好きな祖母さんとの時間を大切にして、葬儀は出ないでおいてはどうでしょうか。すみません、長くなります
私の父方の祖母はいま認知症を患っており、年齢も年齢な為、死というものが現実味を帯び始めています
私の両親は父から母へのDV、父から私たち娘への軽い虐待を するといった状況で離婚しています さらに母は実の両親(私から見た祖父母)と絶縁しています
それ故に母方の祖父母はあまり関わりもなく、祖父は私が幼い頃に亡くなったのでよく覚えておらず、祖母は小学校低学年の頃に1年だけ共に暮らしたことがありましたがその後会うことは1度もなく、4年前にガンで亡くなった時の葬儀には母が祖母だけでなく、実の姉(私から見た叔母)、従兄弟と絶縁していたことや遺産、その他何十年ぶりに再開することによる諸問題の発生に私を巻き込みたくないという観点から私も母も葬儀に行きませんでした 危篤状態になった時点で私は「一生のうちに一度でもお世話になった人、自分に命を繋いでくれた人、それが例え自分にとって憎い人であっても会っておいた方がいい」と言って母を説得し、病院に行こうと約束しましたが、会いに行こうとしていた日の明け方に亡くなり会うことは出来ませんでした
その時に悔しいというか、祖母に申し訳ないというか、なんだか罪悪感にも似た嫌な気持ちになりました
私の両親は離婚した理由から、もちろん絶縁状態、弁護士や市役所の協力で父から私たちへの接近は禁止されています
もちろん、私も父への恐怖心があるので会いたくありません
そんな中、5年前に父方の祖父が亡くなり、私の生まれる前からずっと精神病で入院をしていたのでほぼ関わりがなかったとはいえ、葬儀には出たかったのですが父が来るので行くことが出来ず、諦めました
父方の祖母と独身の叔父(祖母と同居)とは幼い頃からよく会い、家が近かったこともあり毎月のように遊びに行っていました
両親離婚後も、父は遠くの県へ転勤し実家へは盆正月しか帰ってこないということから、叔父に前もって父が帰ってくる日を教えおいてもらい、祖母の家へ行くことも母からは禁止されていたので母には内緒で、その日を避けて今でもたまに遊びに行っています
母にバレて叱られるリスクを負ってまで祖母に会うくらい、祖母のことが大好きです
祖母が亡くなることを少し想像しただけでも涙が溢れてくるくらい祖母が大好きです
どんなに母が父方の祖母を悪く言っても、私の耳には入らないくらい私にとっては大好きで、優しくて、良き祖母です
だからこそ、幼い頃からずっっと可愛がってくれた祖母の葬儀には絶対に絶対に出たいです もし行かなかったら、母方の祖母の時に経験した思いよりもきっとさらに辛い思いをするでしょう
でもそこには恐怖心を抱いている父という壁があり、絶縁してきた父方の親戚という壁があり、父は再婚をして新たに子供が1人いるためその相手と見知らぬ異母兄弟に会うという壁があり、そして母を説得するという壁があります
祖母の死を受け入れるということ、母を目の前で殴り、自分を虐待した父に会うということ 気は丈夫ですが、同時にそういった状況になった場合パニックとかも起こしかねません
でも、葬儀には出たい
どうしたら良いのでしょうか

まだ亡くなってはいませんがこれから絶対に直面する問題です
冷静かつ学生で時間だけはある今のうちに自分の気持ちを固めておきたいと思い、助言を頂きに来ました 上手く文章も作れておらず、長々としましたが、なにかお言葉を頂けると大変助かります よろしくお願い致します 認知症?もの忘れが多くなった父?母?祖父母へのプレゼント。日本の歳以上の人に人は。認知症かその前段階の軽度認知障害だと
言われています。親御さんやお祖父さま。お祖母さま。叔母さまなどの親族が
認知症の場合。どんなプレゼントをしたらいいのか迷いますよね。長く日課
にしていることにまつわるプレゼントその都度一緒に探していた同居のご家族
にとっても。助かるプレゼントになりそうです。食」でいえば。いままで自炊
していた方は。できる範囲で。そのまま自分で調理を続けることも。認知症の
進行を

がんばらない介護。みなさまのイキイキと満ちあふれるエネルギーとともに ずっと歩んでいく。
わたしたちアテントです。姉は癌で両親より長く生きられないかもしれません
。母が認知症になり。家の仕事を家族にバトンタッチしてから。全ての荷が
下りて。とても可愛らしい女性になりました。介護士さんからも「ラブラブ
夫婦」と言われています?祖母がすぐに駆け寄って来てくれて。 「はー。
まだまだ元気でいないと心配だわ。」 「すいません」 「ハハハハ」と二人で笑い
ながら。アルツハイマー病と認知症支援。私たちは加齢と共に脳が変化し。ある事柄の詳細を思い出すことが難しくなる
ことがあります。しかし。アルツハイマー病およびその他の認知症は。日常生活
を送ることが困難になるほど深刻な物忘れやその他の症状を引き起こします。
これら

『シリーズ認知症“わたし”から始まる』2015年2月。母方の祖母が認知症を発症していました。今までは在宅で一人暮らしをしてい
ましたが今はデイサービスの泊まりを利用しています。 私自身介護の仕事「介護?看病疲れ」による自殺者は。とくに。意思疎通が困難な認知症患者や。寝たきりの高齢者などがターゲットに
なりやすいと想像できます。今やれる最大限の努力を行って。介護を苦にした
自殺。事件等がゼロになるよう。働きかけていく必要があります祖父と祖母の
介護に続いて親の介護もはじまりそう。すみません_ _いいねを押す
つもりが「違反報告」を誤って押してしまいました_誠に申し訳ごもし。認知症になる可能性は誰にでもあります。私たちと同様。認知症を患った方々の
心情も様々です。また。「認知症の本人は自覚がない」という

『認知症の語り:本人と家族による200のエピソード』出版記念。登壇者。樋口直美さんレビー 小体型認知症当事者。青津彰さん若年性認知
症の人の家族介護者。長沼由 紀子そしてみなさん今日は。本田美和子先生と
フランスからイヴ?ジネストさんがこられています。話を戻しまして。ディ
ペックスに協力しよう。体験を話そうと思ったのは。もう年以上前になりまして
。今個人的な話をすると。ちょうど。月に私の祖母が。最後。ちょっと認知
症なのかなって状態になって亡くなりました。長沼 すみません。

葬儀は、亡くなった人の為のものではなくて、残された人が、亡くなった人とのお別れをする儀式ですなので父親や親族が来ますあなたは祖母が大好きなのですから、祖母が生きている間に会えば良いだけではありませんか祖母に会い、帰り際には、もうこれが最後になるのかも知れないと、お別れしてくるのです普通に帰るのですが、気持ち的に、これで祖母に会えるのは、最後かも知れないと覚悟をしながら、祖母とお別れしてきますそうすれば、葬儀に出なくても、悔いは残りませんよ実はわたしは自分の両親の最期には、どちらとも会っていませんやはり離婚していて、父の死は亡くなってから8年後に、母は行方不明になり、亡くなって2ヶ月後に分かりましたそんなで会っている時に、自分が出来ることを精一杯やってきて、別れ際には、もうこれが最後になるのかもと思いながら居ましたので、最後のお別れは出来ませんでしたが、悔いはありません大好きな祖母さんとの時間を大切にして、葬儀は出ないでおいてはどうでしょうか

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です