Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

こども食堂とは 北海道または札幌市の地域資源で地域におけ


こども食堂とは 北海道または札幌市の地域資源で地域におけ。漠然とした内容ですね。北海道または札幌市の地域資源で、地域における子どもの居場所づくりに活かせるものって何かあるでしょうか 子ども食堂など地域の子どもの居場所/札幌市。子どもたちのために無料又は低額で食事を提供する「子ども食堂」などの取組が
全国的な広がりを見せており。子ども食堂等地域における子どもの居場所は。
食事を一緒にとるだけではなく。様々な体験や学習の場。多世代交流など多様な
機能を持っています。新型コロナウイルスの感染防止対策が続く中。地域の
子どもたちのために活動している北海道の子どもの居場所が。皆様からの支援を
必要こども食堂とは。出典。農林水産省公式サイト「子供食堂と連携した地域における食育の推進」
札幌市では。こども食堂のような「子どもの居場所づくり」の方法について
公式サイトでまとめており。支援しています。 出典。札幌市

北海道の子どもの居場所子ども食堂。道では。様々な課題を抱える子どもの声を受け止め。支援につなげていく「
子どもの居場所」の取組を各地域で広めていくため。コーディネーター子ども
の居場所」に関する実態調査結果に基づき。道内札幌市内に所在するものを
除く。

漠然とした内容ですね。具体性を補足してください。北海道と札幌市では面積も違えば環境概念も違います。また、居場所というのが、単に時間を過ごせる場所なのか、一日の生活のかなりの割合を占める場所なのか。子供たちだけ、親や大人が必ず付き添うでも変わりますよね?あなたの質問は?西日本または京都の地域資源で子供の居場所作りに活かせるものは?って聞いてるのと同じですよ、面積レベルなら。答えられますか?自分が答えられないような質問文の書き方だと自覚してください。どうせ就活の課題かなんかなんでしょうね、あなたのことだから。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です