Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

よくある質問 原告:夫 被告:妻で離婚訴訟中です相談者の


よくある質問 原告:夫 被告:妻で離婚訴訟中です相談者の。まず、相手が弁護士を立てている以上貴方も弁護士を立てるべきです。原告:夫 被告:妻で離婚訴訟中です
相談者の私は、被告:妻です
これまでの経緯として、原告の同意なき別居に始まり2年あまり 原告申立の離婚調停→不成立
原告申立の面会交流調停→すぐに合意
被告申立の婚姻費用請求→1年半かけ成立(原告が既払い金としてしつこく生活費など小出しに請求してきた)
婚姻費用が発生したとたん、原告からの離婚訴訟

離婚原因として、原告は長男と原告への虚言虐待をしつこく主張しており、調停時、長男と面会していただいた調査官からは原告が大げさに騒いでいると言われています 今回も同じように原告は虚言虐待を並び立て、また一から虚言であることの証明のため詳細を作成することの繰り返しです

子供は二人おり、長男(15歳)は原告の別居時、スマフォを買ってやるなどと物で吊られついていった状態で、その後原告と原告母による虐待されていたとの刷り込みの引き離しで、完全に被告をブロックしてきています 長女(12歳)は被告と暮らしています

原告の実態として
別居前半年までに投資不動産を2件購入 車の買い替え いずれも原告からの申し出で、被告の固有財産を利用し、原告自身は負債を最大限に抱え込み、共有財産は極限まで使い込み、共有不動産であるにもかかわらず、原告が管理会社と単名契約をしており、現在原告が独り占めしている状態です 財産分与のために、周到の準備していたことを、被告は別居後に知りました 周到に被告を批難する日記もつけていたことも今回知りました

面会交流も被告が子供と会う機会を何度も用意し、原告が無視してきたにもかかわらず、会わせてもらえないとするまさかの原告からの申立 成立後も、被告が会う機会を設定しても原告から断ってきておいて、原告からの履行勧告が3度もなされています

虚偽虐待も含めて、原告の被害者パフォーマンスがすごく、ここまでやられるとさすがに原告を受け入れることはできません ただ、被告は結婚後ずっと専業主婦で、就業努力はしていますがなかなか仕事はなく経済的にも不安です また原告は自分を正当化するために長男を手元においてきたいだけで、長男のことが心配です

被告としては婚姻費用をもらっているものの、原告に全財産を持ち逃げされ、不動産収入は全く分配されていないにもかかわらず、名義上共有不動産で資産もあり法テラスも頼れません 弁護士の方にお願いするにも多額の費用がかかり、被告側に有責はないので、できれば原告側にきちんとした離婚事由(別居5年以上)ができたら、弁護士の方にお願いして細かい部分まで話を詰めていただこうと思っており、今回は原告の離婚請求の棄却を訴えています
ただ、今回の裁判官は弁護士をたてていない被告の準備書類にはあまり目を通していないようです
原告は初めから、弁護士を立ててます 裁判官も離婚の方向にもっていきたいようにも感じます

本題
被告は離婚請求の棄却を前提ですが、裁判官が離婚を判決する可能性も見据えて、和解案として財産分与や親権を訴えておいたほうがいいのでしょうか それとも、反訴という形をとらないといけないのでしょうか 反訴になると離婚前提になるのでしょうか
なお、原告は、離婚と親権と養育費となぜか慰謝料まで請求してきています 財産分与については触れていません
離婚判決がでてからでは、原告が周到に準備した清算的財産分与にしか応じないと思います

どのタイミングでどういう形で対応したらいいのか、具体的にご教示いただけると助かります 離婚裁判訴訟が提起された場合—訴状や期日呼出状の読み方や。こちらのご相談者様は別居中の男性夫側の方ですが。女性妻側の方も
同様に調停不成立後しばらくして配偶者そのため。原告の弁護士費用などを
被告に支払ってほしいという要求ではない=法律上。離婚の裁判

弁護士が回答「離婚裁判。弁護士ドットコム「離婚裁判 被告 原告」には。「夫が原告。私が被告で離婚
裁判仲です。その際に。本サイトの先生から「原告が県。被告が県で。被告
の委任を受けており。離婚訴訟で家庭裁判所に出頭しなければいけま離婚
裁判中。原告弁護士は被告人の勤めている職場に無断で電話して良いのです
離婚裁判中です。被扶養者認定の不倫慰謝料請求訴訟原告 私被告 夫の不倫
相手離婚訴訟原告 夫被告 私夫と不倫相手はまだ交際しており利害が一致してい
ますので。セール。半田市で離婚問題に強い弁護士による法律相談|半田知多総合法律表示されて
いるお得なタイムセール価格で販売中です。 タイムセール価格でお買い求めの

離婚裁判の被告の行動について。弁護士以来せず。原告は私で。妻が被告の離婚裁判中です。 妻も弁護士はつけ
ていません。 簡単に経緯を説明させて頂きます。 離婚事由は年間の夫婦関係
破綻お互い認めてます。妻のパチンコによる浪費。両親との不夫が訴訟中に亡くなった場合。夫が離婚などの一身専属的な権利を争い裁判中であった場合は。訴訟は終了する
ことになりますが。それ以外の権利をめぐり裁判中で被相続人に不利な訴訟の
流れになっていたとしても。相続人は訴訟をはじめからやり直すことはできない
ことにも注意が必要です。裁判中に相続が発生し。その後の対応についてお
困りの方は。ぜひ一度。相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします

家族に関するご相談。千葉での裁判所書類の作成,離婚,養育費請求,不貞行為への民事裁判は,千葉
県習志野市京成津田沼駅前で無料法律また。離婚訴訟継続中でも。離婚が
成立するまでは。婚姻費用を分担しなければなりません東京高決昭51.5.
18他。また。悪意の遺棄にあたるとされた夫の例では。財産形成に対する
妻の寄与。離婚後の扶養。慰謝料等一切の事情を私が原告となり。現在離婚
裁判中です。原被告は昭和63年4月8日婚姻届をし。同年7月7日離婚届だ
した。離婚まで夫名義の家に住み続けることができますか/弁護士河原崎。相談夫は3か月前に家を出て。アパートを借り。別居中です。私原告が,離婚
を機に離婚判決後,夫であった被告に対し,被告が占有している特有財産で
ある建物を,所有権に2 したがって,原告の請求は理由があるからこれを認容
し,訴訟費用の負担については民訴法61条を適用して,主文の

よくある質問。その後,彼の奥さんは,離婚することなく,私だけを相手被告にして慰謝料,
探偵費用及び弁護士費用として合計500万円のを総合的に斟酌して決定する
ものであるところ,それらの事実は,専ら,請求する側原告=奥さんが証明し
なければならないからです。単身赴任を始めた夫が,約一ヶ月後に,何の理由
の説明もなく電話で離婚したいと告げ,そのまま一方的に別居状態を続け,約7
年後に妻と別居中ですが,私が自宅から出て,妻子は,自宅に住み続けてい
ます。

まず、相手が弁護士を立てている以上貴方も弁護士を立てるべきです。弁護士は受忍事件について、各種の照会をすることができますし、準備書面の書き方にも慣れています。だから原告の準備書面が被告に比べて読みやすいので、裁判官も原告の言い分が頭に入りやすいのでしょうね。離婚について、請求棄却を求めつつ、仮に離婚を認めるとしたら、①長男?長女の親権は被告、②婚姻関係の破綻は原告が原因であるから、慰謝料金〇〇円とは言っておいた方がいいですね。そして、法テラスも四角四面ではなく、>被告としては婚姻費用をもらっているものの、原告に全財産を持ち逃げされ、不動産収入は全く分配されていないにもかかわらず、名義上共有不動産で資産もあり法テラスも頼れません。事情を説明して、代理人を探してもらう、または県弁護士会にこの掲示板に書かれた事情をすべて説明して、だれかついてくれる弁護士を紹介してもらうたぶん誰かは付いてくれると思います。>こっちの手段としては、共有分売却の手段をとるとか、そういう手段をとってみますね、多少の金にはなります。本文で出てきている共有名義の投資不動産ですが、即ちあなたと原告の共有なので、貴方の持分については売れますし、そういう不動産屋もあります相手からしたら売られたくないでしょうから、そういう交渉カードがありますね。『不動産屋 持分』で検索してみてください。仮に、不動産屋に売るとなると、不動産は原告に対して共有分分割請求をして、①原告が不動産屋の持分を買い取る、②不動産屋が原告の持分を買い取る、③不動産を売って代金を山分けするという3つの手段が取れ、どの手段でも、不動産屋しか儲かりません。原告も金がないでしょから、①はとれないし、②不動産屋が買い取るとなると、相当買いたたかれます大体相場の3分の1程度ですから、原告は困るでしょうし、③では時間がかかりますので、たぶん原告の代理人は交渉に応じてくるでしょう。結局何を求めてます?それがよくわかりませんよ。被告の資料を見てないのでなく、論理が成り立って菜からだけでしょう。裁判は正しい正しくないでなく、証拠の組み立てがすべてですから。そんだけ、弁護士をつけての論理準備にたいして、イャモン程度の論理しか組み立てれないなら、それは、考慮などされなのが、当たり前。もう一度いっておきますが、正しいただしかないなどを判断するのが裁判所でないです。裁判所も、論理組み立てで、原告を支持しているので、離婚をすべきになる判断でしょうね。被告に抗弁できる能力があるとも思えないし。どのタイミングでは、結局被告が、何を求めるかですべてがきまります。すでに出遅れているので、ほぼ、ワンサイドで決まるでしょうが。主様の内容からだと、離婚したくない意思を通すくらいしかできませんね。少なくとも違う考えや方法もあるんです。主様が弁護士をつけ解決に向き合うなど。しかし、主様からしたらできないと言い切ればやりませんよね。本来、子供を大事と考えるなら、ご主人とのことは二人の責任と考え、相手が弁護士立てたなら、自分も立てて応じます。話し合えない、理解できない関係だから第三者に依頼するんです。解決することを優先した行動に出るのが親の責任ですからね。しかし、主様には夫婦の話し合いに向き合ってないことが問題なんです。全財産取られた、とありますが、婚姻費用を受け取ってますから、全て取られてません。また、子供が心配とは言え、夫婦の問題解決にもきちんと弁護士依頼し対応してない主様です。言葉と行動が伴ってませんよね。養育の不安も最初からわかること。親双方に責任があるので、ご主人の資金ありきにしていた主様も問題なのです。これを踏まえてみると、言ってることとやってる行動が違うので嘘となるのは仕方ないかも。子供が心配なら弁護士立て解決し、養育の予定も立て経済管理も主様がしてるくらいが当たり前なんです。働いて養っていく、親の責任は二人にありますから。働く場所も理想通りはないので、選ばずにバイトからでもと考えれば幾らでもあります。いきなり何十年のブランク空いた状態に就活し正社員はないくらいわかるはずですからね。これを踏まえて考えても主様にも落ち度として突っ込みどころが見受けられるし、それを認めたくない!となると、方法は一つになり、もう、離婚したくないを通すしかないですね。「被告の準備書類にはあまり目を通していないようです。」裁判は証拠が全てですから、「準備書類」は証拠と結びついていないものは余り効力は無いでしょう。「裁判官が離婚を判決する可能性も見据えて、和解案として財産分与や親権を訴えておいたほうがいいのでしょうか。」弁護士に相談した方が良いと思いますけれど。相談だけなら30分5000円程度で出来ますから。徹底して離婚請求拒否を貫けばいいでしょう、相手主張を一つ一つ根拠を並べられる事に証明を求めればオーバーまたは虚偽の主張は行き詰まる時が出てきます。最終5、6年の別居はまだ先でしょう? それまで婚姻費用を出来るだけ取ればいい。ただ慰謝料など発生時案じゃないので、離婚を引き延ばし解決金を出させる様持っていく。原告はかなり前から勉強して準備してましたね。日記なんてまさにそうです。この質問は被告の主張しか聞こえないので答えも正解にはなりえませんが、1つ、原告の離婚理由が見えません。被告の虚言虐待行為が本当なのか嘘なのか。本当だとしたら原告のこれまでの準備行動は理にかなっています。嘘なら離婚するのにここまでやる理由が分かりません。本題部分も本当なら普通はそうくるよねって感じです。嘘ならなぜそこまで強気なのか?って疑問です。で、被告の事を信じて書きます。原告はやり方に精通しており弁護士も入れている為、このままであれば完全敗北です。裁判官は出された準備書面のみで判断しますので、こちらも反論する準備書面を提出しないといけませんが、日記や虐待行為などは本当は無かったと言う証明「悪魔の証明」が必要です。すなわち勝てません。が、負けを少なくする方法はあります。泣き脅しです。これしか道は残されていません。ここからは独り言です。こちらも弁護士を入れて、裏技ですが今から過去の日記を書きましょう。「悪魔の証明」に勝つにはこちらも「悪魔の証明」をつくるしかありません。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です