Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

コラム10%増税 自民党が負ければ10%への消費増税が凍


コラム10%増税 自民党が負ければ10%への消費増税が凍。安倍晋三糞総理が、景気をよくして企業が潤えば国民生活も潤う。自民党が負ければ、10%への消費増税が凍結される可能性はありますか 収入は減り、年金も無さそうなので、老後生き残るためには、月5万円預金しなければなりません 月5万円の預金では全然足りない、という意見も多いです

家賃、電気、ガス、水道、税金、年金、各種保険、電話、子供教育費、医療費、など、採られるとかなり苦しいです この状態で、消費税増税されることは大変困ります コラム10%増税。消費税増税に伴い気になるのが。増税施行前に商品購入を急ぐ消費者の動き
駆け込み需要や。施行後の消費の落ち込み反動減。過去の増税コラム
%増税。予想される影響は? 消費税増税に一方で。消費税の導入自体には
反発が大きく。直後の参院選では当時の与党である自民党が大敗しました。と
はいえ。新たに導入される軽減税率の複雑さには。混乱が見られる可能性も。
事業者

消費税は再配分に逆行。安倍首相の側近=萩生田光一自民党幹事長代行が。消費税増税の延期に言及月
日のインターネット番組したことで。消費税増税の是非。ストップの可能
性。政局への影響について。年前にも商工新聞号に登場した
元金融相の亀井静香?前衆院議員に聞きました。安倍首相が。こんな状況で
消費税を増税すれば日本の経済が沈み。ガタガタになる。ということを本気で
理解すれば凍結だ。辺野古の新基地建設が強行される沖縄問題について伺い
ます。消費増税凍結を発言させた安倍首相の狙い。萩生田光一?自民党幹事長代行の発言で永田町が激震に見舞われている。
インターネット番組に出演した萩生田氏は。今年月に予定される消費税増税を
凍結する可能性にふれ。おまけに衆院解散の可能性すらにおわせたのだ

菅氏の消費税率引き上げ発言の真意は。自民党新総裁の就任がほぼ確実視されている菅官房長官は。日のテレビ東京の
番組内で。将来的には消費税率を安倍現首相は。年月の日本記者クラブ
での討論会で。同年月に消費税率を%から%に引き上げた後には。「
年間は。消費増税は必要が後退することを意味する可能性があり。大いに懸念
されるところだコラム「自民党総裁選に向けた菅氏の6つの政策消費増税「凍結を」自民若手。自民党の若手議員でつくる日本の未来を考える勉強会呼びかけ人代表?安藤裕
衆院議員は日。年月の消費増税凍結や基礎的財政収支プライマリー
バランス=黒字化目標の撤回を求める提言を発表した。消費増税は「延期」ではなく「凍結」すべき。萩生田氏は安倍首相の側近の一人であるため。安倍首相の意向を代弁した可能性
もあるとして。永田町が色めき立った。地方選の結果とは関係ないとはいえ。
政治的な影響力が強いといわれる吉田博美自民党参院幹事長が政界引退される
ことによって。自民党内の以上より。今回の統一地方選によって。主に地方
議員から。「予定通り月に消費増税すれば参院選を戦えない」というような
抗議の声

自民党の若手議員。自民党の若手議員が31日。当面の消費増税凍結や基礎的財政収支
プライマリーバランス目標の撤廃などを柱とする大規模な財政拡張政策を主張
した提言をまとめ。西村康稔官房副長官ただ。首相官邸内には今回の提言を
歓迎する向きもあるとされ。今後議論を呼びそうだ。2019年10月に予定
されている消費税率の引き上げは。当面凍結し減税も視野に入れるべきとして
いる。増税が断行される場合は。20─30兆円規模の経済対策が必要とも指摘
。安倍首相:同日選5月判断。参院での大幅な議席増が見込めると判断した場合。同日選の可能性が高まること
になり消費増税10%凍結」 着々と進める「“身勝手”ダブル選挙への布石」>
ば。憲法改正が遠のくうえ。首相の責任を問う声が出てくることも想定される
自民党の下村博文総裁特別補佐は「負ければダブル選の選択肢は難しくなる」

景気後退なのに自民党が消費税増税を公約に明記。自民党は。夏の参院選公約に消費税率を予定通り月に%に引き上げると明記
する方針を固めた。国民がもっと頭が良ければ消費税増税なんてなかったろう
になこんな状況になっても一番消費税を上げない可能性が高いのは安倍政権
円安株高でこれだけリストラされるなら円高株安になった時どうなるかの想像も

安倍晋三糞総理が、景気をよくして企業が潤えば国民生活も潤う.というのはとんでもないデタラメです。企業の内部留保蓄え?へそくりが増えるだけで、非正規労働者にはまったく恩恵がありませんし、正社員だって中小企業では恩恵は少ないのが現実です。ただ今回は参議院選挙ですから、野党が多数派になり10%を否決したとしても、再度衆議院に差し戻されて、衆議院の多数派工作によって可決されます。今後の事を真剣に考えたら、自民党が負ける事が最良の選択肢です。安倍はしきりに「打ち出の小槌がない」から、消費税増税といっていますが、打ち出の小槌とは「大企業や富裕層から税金はとれない」ということなのでしょう。まずは年金保険料が年収1000万円で頭打ちになっているので、1000万円以上ある人から収入に応じて応分の負担を求める。大企業の法人税を上げる。もしそれで海外移転するなら、それ以上の海外移転税を設けてペナルティーを課す。また、議員歳費や公務員のボーナスの削減などをまずしなければいけません。その上で社会保障費の財源が足りなければ、その時初めて消費税増税を私たち国民にお願いできる。こうして消費税増税の前にやれることはたくさんあるのに、自民党?公明党は「打ち出の小槌はない」とか連呼して、私たち貧乏な中間層以下から税金をむしり取ろうとする。これらに手をつけずに消費税増税なんてありえません。参院選で自民党?公明党が勝ったら、このありえないことをやります。消費税UPは、民主党がやった事だが?野田総理が、解散と引き換えに、消費税UPを自民に認めさせました。現在の野党がやった政策ですよ?どこの政党が政権を担おうと消費税は上がってくでしょう。でないと社会保障費が足りないので。増え続ける生活保護費、医療保険費、年金の税金補填、介護保険費など財政はかなり苦しいです。この状態で増税しないと50年後には破綻しそうです。大変困りますってどこの政党も言うはめになる。まだ2000万に騙されてる人がいるとは???。厚生年金受給者で夫婦で月20万年金を貰うという想定で、毎月25万生活費使って95歳まで生きるすると5万円足りないので30年ほどで2000万足りないという話ですよ?この時点でめちゃくちゃだと気づきませんか?何で月20万の収入なのに25万消費するのが前提なんですか?毎月の収入以上に毎月浪費するなんてそんな人いますか?出鱈目にも程があります20万の収入ならば、20万以内に収まるように生活するでしょう?別に95歳まで生活できるんでないんですかそもそも95歳まで生きる人なんて多くありませんし90歳で毎月25万も使いません足りなければ70代でもアルバイトで働くなりなんなりしてもいいわけで、だから再雇用を促したり、積極的に雇用しましょうねと働きかけてるんですもっと老後を豊かにしたいけど働かせてもらえないよりは仕事を得られるほうがいいじゃないですか一番の問題はみんな将来不安でせっせと貯金すればするほど消費は落ち込みます自分たちの会社の商品やサービスを自分たちが利用しなければ売り上げは下がる、非正規も増える、賃金は上がらず不景気になりよね不景気になるとますます税収が減り、足りなくなるんですだから麻生は激怒した2000万という出鱈目な数字が一人歩きして、より悪い方向にいっちゃうからですよ質問者さんみたいに、勘違いしてる人が多すぎる確かに…。僕も困ります。しかし、まぁ自民党が負ける確率は低いと思いますよ。なんせ、自民党を応援してる人は、結構いますから…。自民党が負けると100%上がる。延期される可能性が残るのは自民党が現状維持か増やす場合のみ。参議院選挙では政権交代が起きませんので、仮に消費増税に反する政党が勝っても、自公政権は維持されますので、消費増税は行われるでしょう。たとえ参議院での自民+公明の議席数が過半数を割り込んでも、衆院優越の原則がありますし???

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です