Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

マツコの知らない世界 昨夜TBSで昭和から平成の歌各年の


マツコの知らない世界 昨夜TBSで昭和から平成の歌各年の。映像はあっても、結局は番組の時間の都合で使えなかったということではないかと思います。昨夜、TBSで昭和から平成の歌、各年のベストテンみたいな番組を放送していました 特にその年の1位、一番売れた曲を紹介するのですが、そうでない曲も取り上げられていました 司会は堺正章さんでした TBSといえば「ベストテン」 西城秀樹さんの大ファンで、いまだに秀樹ロス状態から抜け出せずにいるわたしは、きっと西城秀樹さんの映像がたくさん見られるに違いない?と、期待していたのに??? 流れたのは、ジュリーと互いの曲を歌ってるVTRだけ、「貴重な映像」とかいって なんだか残念でなりませんでした ピンクレディさんたちは、何曲も歌っている映像が流れたのに どうして、秀樹さんの曲は、映像は、使われなかったのだと思いますか 同じように、思われた方、いませんか 全員集合にもベストテンにもたくさん出てましたよね 歌のゴールデンヒット/歴代歌姫ベスト100アルバムランキング。が木時より時間にわたる音楽特番「歌のゴールデン
ヒット-歴代歌姫ベストアルバムて発表している「オリコン週間
ランキング」が。年月にスタートしてから年で周年を迎えました。
ここでは。月放送の「歌のゴールデンヒット-昭和?平成?
令和の歴代歌王ベスト-」をご枚数は。各歌王のシングル総売上枚数。

「昭和ポップス」と「平成ポップス」の差。このように「昭和ポップスのカバー曲」が。平成世代が昭和ポップスを知る一
つのきっかけになっている!別れた恋人からすれば。私はすれ違っただけの
異邦人のような存在で。「もう度と会うことはない」という悲しい心境を表現
した歌! そんな「そういうところを踏まえているからこそ。誰が聴いても
刺さるというか。胸を打たれるそんな歌なのかなって思う。ということで。「
昭和に活躍したアーティストのカバー曲ベスト」はこのような結果に!メディア情報:TV「昭和歌謡ベストテン。今も歌い継がれる昭和歌謡のヒット曲を様々なカテゴリーに分け。ベストテン
形式で紹介する“昭和歌謡ベストテン”が版になって復活! 音楽の魅力。楽しさ
。懐かしさを昭和から。平成へ。そして令和へとつなげていく。世代を超えた歌

BS。今も歌い継がれる昭和歌謡のヒット曲を様々なカテゴリーに分け。ベストテン
形式で紹介する“昭和歌謡ベストテン”が版になって復活! 音楽の魅力。楽しさ
。懐かしさを昭和から。平成へ。そして令和へとつなげていく。世代を超えた歌「マツコの知らない世界。「マツコの知らない世界 ~今。若者に大人気!昭和ポップスの案内する
のは平成生まれの昭和ポップスマニア。 マツコの知ら高橋昌太郎。埼玉県寄居
町出身。中山競馬場勤務。父は元ギタリストでザ?ベストテンにも池田政典の
バンドリーダーで一度出た。母はマザー覚悟や気合が違う。明菜が憑依して
歌ってるとかは大人になってからじゃないと気付かない。聖子の良さ

映像はあっても、結局は番組の時間の都合で使えなかったということではないかと思います。昭和から平成という数十年間を振り返るのならば、もっと長い放送時間でなければ、秀樹さんファンばかりでなく他の歌手のファンにとっても物足りない内容にしかならないと思いました。TBSチャンネルのような「CS放送」や「BS放送」ならば、一つの番組を丸々全部放送するくらいの番組編成ができています。地上波の番組だけに期待していても、結局ファンの満足するような内容のものは今では難しいと思います。「地上波にはこだわらず、CSやBSでの放送でも構わないから」というように局に要望していけばいいかと思われます。西城秀樹さんの御生前に闘病の御姿を頻繁に流しても若い頃の魅力的な映像を流さないフジテレビ、『徹子の部屋』での会話映像しか流さず歌番組では完全無視のテレビ朝日、野口五郎さんに歌わせるしかしないNHKと日本テレビ、完全無視に近いテレビ東京の中で、TBSだけは唯一TBSチャンネルで追悼番組を放送し続けていますし、地上波では『CDTV』での追悼コーナーや、『金スマSP』で2時間の特集番組を放送し、他局よりはしっかりと西城秀樹さんの輝かしいご功績を秘蔵映像も交えて紹介しています。こちらのご質問で私が回答させて頂いています様に、日本テレビ系?フジテレビ系?テレビ朝日系?テレビ東京系の大連携に対して、孤軍奮闘のTBS系の対立構造になっていて、数的には西城秀樹さんが圧倒的に不利な状況の中で、NHKは基本的には中立的な立場ですが、数の論理で多い方に味方します。そうはいっても、各メディアは公平である事が大前提ですので、常に世間から不公平だとの批判が出ないように注意しています。他局が完全に無視し続けている状況で、もしTBS系だけが大々的に取上げたりすると、逆に世間から「どうしてTBS系だけが。」という批判に晒されることを気にしているのではないでしょうか。新聞のテレビ欄の最近の歌番組の紹介の中に「西城秀樹」の名前があったというのは驚きました。他局もほとんど単独歌唱の映像が使われていませんので、やむを得なかったと思います。各メディアは何と言っても視聴率、すなわち世論を気にしています。この状況を打破するには、テレビ局に追悼番組の放送をリスエストとするのは勿論ですが、ツイッターなどのSNS において、そういった要望の多さを訴えることは非常に効果的ではないかと考えます。放送しないのがおかしいという雰囲気をつくる必要があると考えます。CS放送だけノーカット出ましたよTBSの怪物番組『ザ?ベストテン』がよみがえる!。西城秀樹が「YOUNG MANY.M.C.A.」で初めて1位を獲得した日。今年5月16日に亡くなられた西城秀樹さんを偲び、TBSチャンネルではこの記念すべき日の『ザ?ベストテン』第60回を特別放送します。私も正直ガッカリしました。でも、なるべくいいように考えようと思います。五郎もヒロミも出ていないのに、秀樹が出演した。それに、あまり見せなかったのは、レコード大賞の時に、時間をかけて見せてくれるからではないかと。また、期待はずれかもしれませんが。昨日の番組で、時間をかけられるより、レコード大賞の時に、たっぷり見せてもらった方が、私としては嬉しいです。それに、来年以降も、チョクチョク取り上げていただきたいと思います。権利の関係もあったのでは?秀樹ロスに陥っているならYouTubeに動画が多くあるからそれを見て下さい。こういう自作自演ばかりしてるから秀樹ヲタは嫌われるんだぜ新聞の番組欄に西城秀樹さんの御名前が載ることは、最近では珍しい事でしたので、とても期待していましたが、大きく裏切られた感じです。オリコン年間ベスト10以内に複数の曲がランキングされているピンクレディー、チェッカーズ、Wink、天地真理さん、松田聖子さん、中森明菜さん、工藤静香さんなどに重点が置かれていた気がします。それに、ご出演の堺正章さんや松本伊代さんに関しては仕方がありませんが、ショーケンの話に時間を割きすぎです。その分の時間を西城秀樹さんにもらいたかったですね。他局の他の番組からの全般的な流れもあるのでしょうか、野口五郎さんや郷ひろみさんなどと共演する映像ばかりで、敢えて西城秀樹さんを単独で登場する映像を出さない様にしている感じがします。また、この映像は『日本有線大賞』に御出演時らしいのですが、西城秀樹さんのテロップに「19歳」『激しい恋』がヒットした1974年頃となっていましたが、私は「24歳」『YOUNG MAN』がヒットした1979年頃で、沢田研二さんの見た感じからもその頃の映像だったと思います。TBSチャンネルでは、12月にまた追悼番組が再放送されるみたいですので、楽しみにしています。TBSチャンネル1■12月1日土午前11:00~午後0:50『第16回輝く日本レコード大賞』1974年午後0:50~午後2:40『第17回輝く日本レコード大賞』1975年■12月15日土午前7:00~午前8:50『第16回輝く日本レコード大賞』1974年■12月22日土午前7:00~午前8:50『第17回輝く日本レコード大賞』1975年■12月29日土午前7:00~午前8:50『第16回輝く日本レコード大賞』1974年■12月30日日午前7:00~午前8:50『第17回輝く日本レコード大賞』1975年TBSチャンネル2■12月1日土午後9:00~午後10:00『トップスターショー』5回放送都はるみ午後10:00~午後11:40『寺内貫太郎一家2000』■12月22日土午後9:20~午後11:00『寺内貫太郎一家’98秋』午後11:00~深夜0:40 『寺内貫太郎一家2000』深夜0:40~深夜1:40『日曜劇場?翔べイカロスの翼』西城秀樹出演■12月23日日午後6:00~午後6:50『トップスターショー』5回放送都はるみ午後6:50~午後7:40『トップスターショー』10回放送大賞候補歌手午後7:40~午後8:30『トップスターショー』18回放送布施明午後8:30~午後9:00『サウンド?イン“S”』223回放送午後9:00~午後9:30『サウンド?イン“S”』263回放送午後9:30~午後10:50『セブンスターショー』西城秀樹■12月29日土午後9:30~午後10:00『サウンド?イン“S”』223回放送午後10:00~午後10:30『サウンド?イン“S”』263回放送■12月31日月午後0:00~深夜3:50『寺内貫太郎一家』1回から19回まで一挙放送後は今まで12回年出場している『日本レコード大賞』の特別功労賞の受賞式で、どんな映像が流れるが楽しみです。絶対に女優が本業の樹木希林さんよりは、長い時間を割いて大きく取上げてほしいですね。それと今まで18回年出場している『NHK紅白歌合戦』で追悼の企画があるのかが気がかりですね。さらに『夜のヒットスタジオ』『ミュージック?フェア」などに多く出演しているフジテレビ『FNS歌謡祭』、『NTV紅白歌のベストテン』『TVジョッキー』などに多く出演している日本テレビ『ベストアーティスト』、『ベスト30歌謡曲』などに多く出演しているテレビ朝日『ミュージックステーション』などの年末恒例の音楽特番で追悼コーナがあるのかですね。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です