Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

乗って納得 ジェットスターの安い理由はなんでですか 安全


乗って納得 ジェットスターの安い理由はなんでですか 安全。LCCの運賃が安いのはまずは人件費でしょう。ジェットスターの安い理由はなんでですか 安全面がきちんとされていないからですか ジェットスターって大丈夫なの。ジェットスターといえば。安さに定評のある。安いことで好評を得ている
一方。「ジェットスターって大丈夫なの?」と。安全性や運航の安定性に不安を
抱いてしまうかたもいるようです。ネット上の口コミや評判だけをLCCはなぜ安い。ました。日本でもピーチやジェットスター。エアアジア?ジャパンなど多くの
格安航空会社が就航し。路線も拡大。利用者も増加しています。格安
航空会社は安いというと。安い理由として安全面の整備を削っているのでは
ないかと思う人がいるのではないでしょうか。 日本国内で飛んでいる格安航空
会社では。きちんと日本の法律に則った整備が行われており。整備士の資格も
共通です。

格安航空券の飛行機は安全なの。みると。日本のジェットスター?ジャパンと同系列の。ジェットスター航空と
ジェットスター?アジアがランクイン以上がのフライト料金を安くできる
理由ですが。安全面に影響するような要素はひとつもありません。 が危な
そうと思われているつの誤解 なぜ安いかを理解できれば。の安全面は何も
問題がないことがわかりますが。なぜ誤解されているのでしょうか。ジェットスターの安い理由はなんでですか。乗って納得。様々なところでのコスト削減ジェットスターが安い理由は徹底したコストの削減
にあります。大手航空会社では多少のオーバーは大目に見てくれることが多い
ですが。ではかなり厳密なのはこの燃料節約が大きな理由です。や。搭乗
時間に余裕をもって空港に到着できる交通手段の確保など。格安チケットを購入
できるようにきちんと確認しておきましょう。ジェットスターの安全性
について

LCC格安航空券会社が異様に安い理由。しかし。なぜ格安航空会社はこんなにも安いのでしょうか?格安航空会社では。
安全性を犠牲にして運賃を下げているかのようなイメージが。一般的にはある
かもしれません。ところが。それは大きな誤解なのです!格安航空会社LCCは安全。スターの酷評。そこで今回は。格安航空会社は安全性はどうなのか。
どこがどう違うのか。そんな基本的なことを調べてみました。日本では。
ジェットスター。ピーチ。エアーアジアの3社があります。 オーストラリア
安いということもあるし。基本的にこの親会社はカンタスなのでまあ。
オーストラリアでは比較的安心感はあります。まあ。最近は大手の旅行会社
さんもそういうのをやっているみたいですけど。まだまだ。なぜか割高だったり
します。

ジェットスターの口コミ?評判。ジェットスターは。オーストラリア?ニュージーランドを拠点とするジェット
スター航空とその関連会社からなる格安航空会社のグループです。
ですが当日。成田空港で国内線手続きの混雑があったもののアプリチェックイン
をしていたので円滑に搭乗手続きができました。値段は安い時はかなりお得に
乗れる時もあります。われ私達。もう次に呼ばれるんですがと言ったら。
こっちが優先レーンなんでとぶつくさ言いながら逆ギレ。なぜか喧嘩腰。

LCCの運賃が安いのはまずは人件費でしょう。予約や空港での手続その他ほぼ全てを利用する旅客が行います。何か不具合や変更が有って連絡しても電話には絶対と言って良いほど出ません。人が居ないからです。それ以外では関空や成田空港など、離着陸料金をLCCに対して割引を行う空港をメインに路線を組んでいます。羽田や伊丹には就航していません。大手航空会社が整備や運航面をサポートしていますので安全面で不安なことは無いでしょう。給与がどうしても低く抑えられていますのですごく優秀な人は会社の募集には応募しないでしょうからそうした人間の資質には多少不安は有るかも知れません。安全面に不安のある航空会社に国が許可を出すはずがありません。オーストラリアですごい光景を目にしました。なんと、最後部の座席に廃棄物の紙コップをやまもりにしたトレイを直接置いてるんですね。着陸時には流石に座席前に入れてましたがカバーもしない山盛りのトレイをむき出しで置いてるとは…。帰り際に英語で注意したら「See you」と返された。遅延率?欠航率が低いと彼らは主張するのですが、いろいろな統計と整合しません。迂闊にもそれを信じた私が馬鹿でした。私も機材繰りが理由で欠航する目にあいました。翌日の便に乗れたのですが、宿泊費だけで2万もしたのに1万円が限度と言われる始末。同じように機材繰りがタイトなヴァージン?オーストラリアはなんだかんだで遅れても飛ばしてくれることが多いらしい私もそういう経験をした電話の応対も悪く、私は最初こいつはAIじゃないかと勘違いするぐらいでした。しかしまあなんだかんだで着替えと交渉の電話代とホテル代で大損したけど1万は帰ってきた。こういう話をよく聞くのでまあそれが値段分ってことなんでしょう。しかも振込にえらい時間がかかって、検索に時間が掛かるから振込の名義人を教えろチャットで聞いたら10分も待たせた挙げ句ウソを言われた。銀行側のタイムラグもあったので時間の問題はジェットスターだけの問題ではないが、名義人を調べたフリしたことについては銀行も失笑していたヴァージン?オーストラリアは愛想がいいんですけどジェットスターは…。カンタスは最高だったんですけどね。まあ、カンタスとの値段差分やすかろう悪かろうにせざるを得ないのかもしれませんが、最初からカンタスにしたほうが安上がりでした。ANAよりもスターフライヤーのほうがずっと良いのと悪い意味で対照的です。まあ、暇な時に、空いている便に乗るというのなら悪くはないのかもしれませんが…。予約はあてにならない。ただオーストラリア国内だと予約無しで行っても値段はあまりかわらないようなので…。整備コストはケチることはできません。削るのは人件費や機材の運用スケジュールです。また、ルールを厳格に運用し、例外は一切認めません。例外を認めるとすぐコストに跳ね返るからです。だから、うるさい客は相手にしないんですよ。また、客の都合より会社の都合を優先しますから、天候不良では真っ先に欠航します。会社の都合を優先しないと潰れるくらい余裕がないからです。無駄なコストを省き、いろんなサービスを有料にしているから。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です