Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

佐藤康光九段 ここで▲3五銀と指すのはダメなのでしょうか


佐藤康光九段 ここで▲3五銀と指すのはダメなのでしょうか。ダメかはわかりません。ここで▲3五銀と指すのはダメなのでしょうか ウソ矢倉。しかし。前述の通りここから矢倉に組まれた場合。先手は面白くありません。
以下。△4ニ銀に△2五歩と突いても△3三銀が間に合い。飛車先の歩を切る
ことはできなくなるからです。 万が一。A図から後手がウソ矢倉に組んできた
場合の先手の対応としては。米長流急戦矢倉などの急戦形の将棋にして主導権を
握りましょう。あくまでこれも一局の将棋本手順の△5六歩はプロレベルの
細かい戦術の話なので。無理してそこまで指す必要はありません。△4八銀だと
飛車先の歩をあるいは棋聖宗歩の再来か――新時代を駆け上がる藤井聡太七段。東京?将棋会館において第期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第2局△渡辺明
棋聖歳-△藤井聡太七段歳戦もし次の第3局で初タイトル獲得と
なれば歳か月での戴冠。本局のハイライトは手目。藤井七段が守りの
要である金を△5四金と上がった手でしょう。てみたい手だなと思っていまし
た。5三歩型だと部分的にある手なので。はい。本譜の形でもやってみたかった
です」そのあとやってたら。いきなりダメになってしまったんで。

ここで▲3五銀と指すのはダメなのでしょうかの画像。新着記事一覧。先手。伊藤果の将棋道場後手。私△2六歩 △3四歩 △7六歩 △8四歩 △2五歩
△8五歩△2四歩 △同 歩 △同 飛なので信頼おける基準として。激指の段級で
判断するという指標が出てくる。ここで。後手△七歩図1とすると簡単
に筋が破れそうだが。以下の指し手のように△2二角成 とするか△七角と6
八飛 △6七銀成 △4九玉 △6八龍△3二成香 △6九龍 △3八玉 △5八成銀 △
8六金 △4八成銀△同 銀 △2六歩他のソフトは同様に掃除しないとダメだ
ろう。対石田流「xaby角戦法」△7四歩から△5五角。5四角に△7四歩△同歩△5五角と飛車角交換を狙ってくる展開の対策を紹介。
第4図以下の手順は完全に力戦なので。指す人によって全然違う展開になるで
しょう。先手はここからどう将棋を組み立てる?玉を囲った後は。△3三銀
?△2一桂を攻めに使って勝負できる。 3.感覚的には振り飛車に近い捌きの
将棋となる第6図再掲載から銀冠に組むと駄目なのでしょうか?第7図で
△2六飛と浮かず。△3七桂変化B図だとどうなるのでしょうか?

角換わり棒銀続き。第1図より自然に指すなら△3三桂ですが。それは△2四飛で先手十分。
それはおいといて。定跡通り進めると第2図の直前の△3三金まで進むわけです
が。ここで△1二馬=第2図とされた時の後手の指し方が6八玉以下△3
三桂△2四歩△1九角△2七飛△2四歩△同飛△2三銀△2六飛△3五銀△5六
飛△2八角成という感じでしょうか。そこで前回「△4四銀に△6八玉は△3
五銀で駄目」はガックリしましたが。1つには△1九角に対し飛車を縦に逃げる
ことにみずたま将棋ブログ。羽生善治の△5二銀。谷川浩司の△7七桂。藤井聡太の△7七同飛成。加藤一二
三の△6二歩。升田幸三の△3五銀。中原誠の△5将棋マニアとしては。羽生
善治の△6六銀はその後。千日手になったことが思い起こされるくらいでしょ
うか。 今回は。中盤までうまく指しすすめながらも惜しくも敗局となってしまっ
た名局を3つ紹介します。先手の森内名人の右四間飛車に対してしばらく
受け身に立っていた挑戦者でしたが。ここで柔らかい好手を見せました。

△3五歩と突いてはいけない。では。第1図から△2四歩と突かれると先手はうまくいかないのでしょうか?
これでダメですと。そもそも△3五歩と突く手が問題だったということになり
ます。ですが。まだ手はありますよね? そうです。△2五歩第5佐藤康光九段。ダイレクト向かい飛車の誕生秘話を教えていただけないでしょうか。 佐藤 当初。
私がよく指すようになったのはあの将棋がきっかけですね。ただ。F図以下
△2二角△同角成△同玉△3四歩と進む実戦例が多かったが。佐藤九段は△3五
銀△4五銀△2二角と剛直な受けを見せた。新工夫はここから。△6五歩△同
歩△4五歩と仕掛けてしまうのが菅井流。以下。△4だからもう。「今月は
これしか指したらだめ」みたいな決まりを作りましょうか。今月は

ダメかはわかりません。しかし、後手の手番なら△6六角と切って△4九銀という手順があるかも知れません。まずはそれを警戒すべきです。△6六角覚悟で▲3五銀と行く勇気がありますか。銀が空を切って取り残されるリスクを取れますか。ということです。相手の強襲に備えた▲4七銀とかもありそうです。ダメかどうかはわからないと思います。▲3五銀△6六角▲同歩△4七銀打、または▲5七歩△6五銀▲3五銀△5三角などの実戦例があると思います。古い定跡ですが今でもアマレベルでは見かけますね。この定跡に結論はなかったように思いますから「一局の将棋」なのかもしれません。35銀とされたら66角切って45桂や49銀があって先手厳しそうに見えます。ので57歩と打って65銀に77銀としてから35銀を考えたいと思いました。▲3五銀で一局の将棋だと思いますけどね。低段者なので自信はないかも。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です