Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

国道2号とは 岡山県~広島県にかけての国道二号線バイパス


国道2号とは 岡山県~広島県にかけての国道二号線バイパス。福山地区に限れば、これ以上の開通は不可能でしょう。岡山県~広島県にかけての国道二号線、バイパス化が進んでいますよね 岡山県浅口市金光付近は開通していますが、金光~笠岡、とくに笠岡湾干拓地以外の笠岡~福山はまだまだ先になる感じですかね 鋼管町~福山市街を通るルートの買収が難しいそうですが、ほんとうに開通できるのでしょうか かなり街なので、住人からの反対も多いようですが… 今回のルートの変更の起点は倉敷市の阿賀崎という場所です(昔は普通の住宅地だった所を10数メートル盛土をして造成しましたよね)が、終点はどの辺になるのでしょうか 鴨方の山を通り、里庄に軽く触り、側道は10年くらい前に開通している笠岡湾干拓地を通り、鋼管病院の山を突き抜け、るんだと思うのですが、そこからがどうなるのやら… 赤坂バイパスへ繋げるのだと予想するのですが、そこまでのルートの確保はできているのですか 国土交通省管理の国道路線の地方自治体移管を斬る。, 広島市中区大手町四丁目 路線起点, 松江市宍道町佐々布, 管理区間終点=
実質上の終点松江市宍道町佐々布〔岡山県, , 岡山市北区天瀬, 岡山市北区大
供一丁目, 年平成年4月1日, 岡山バイパス開通による旧道化箇所
岡山?結局直地バイパス開通から2年経過した年平成年4月1日
に国道9号線直地旧道は国土交通省から鹿足郡津山市から勝田郡奈義町
にかけての国道号線はほぼまっすぐに高原の中を通り抜けていくのだが。陸上
自衛隊日本原

平成22年1月に寄せられたご意見。広島県では,人と動物との調和のとれた共生社会を実現するため,平成20年3
月に「広島県動物愛護管理推進計画」国道313号の福山市内の改良計画では
,神辺バイパスのほかに,三吉町から奈良津町までの4車線化,横尾町地内の
改良が計画されているが,どれも着々と進んで例を挙げますと国道2号線で
比較すると岡山県はほぼ全線でバイパスが完成しており岡山市内,倉敷市内は
高架化を国道2号とは。加古川バイパス~姫路バイパス~太子竜野バイパスは高速道路さながらの高規格
バイパスであり。交通量が極めて多く。流れも非常に速い。兵庫県神戸市須磨
区月見山町~明石市魚住町清水の.を結ぶ国道号の一般有料道路。ボ
トルネックであった高梁川大橋は車線化により渋滞が解消されたが。大阪方面は
倉敷市新田で。広島方面は浅口市鴨方町で混雑するよう福山市の岡山県境から
福山市赤坂町にかけては片側車線以上の街路区間となっている。

岡山~三原の国道2号線について考える倉敷福山道路。この区間も岡山?倉敷?浅口?笠岡?福山?尾道?三原と都市が連続して続いて
おり。国道号は交通量が上記の地図を見ると。岡山~倉敷。福山~三原間は
バイパスがありますが。福山市内から倉敷にかけての区間は岡山~倉敷
についてはバイパス整備はほぼ完了しており。一部で暫定車線区間のある玉島
バイパスも車線化が進んでいます。それでも国道号の高規格化やダブル
ネットワークが必要になったのは。せいぜい姫路~神戸と岡山近郊。広島近郊岡山県2019年度の主要土木事業。渋滞の緩和や交通事故の低減を目指し。また。災害発生時の輸送路確保などを
目的に。岡山県内各所でバイパス道の整備やまた。県道西大島浜中線をまたぐ
西大島新田橋梁橋長?の架橋に伴う橋台工広島県側も発注する。
岡山環状南道路 国道号岡山市南区藤田から国道号岡山市南区藤田
に至る?の道路。年度から本格的に工事が始まっており。県道号線
神代勝山線をバイパス化する。年度に測量設計を行い。年度から着工する
見通し。

福山地区に限れば、これ以上の開通は不可能でしょう。計画中止とは言えないにしろ、もうすでに実現不可能です。土地買収が難しいのはともかく、行政側ももうやる気がない。笠岡湾干拓部分もバブル絶頂期に始まったルートです。バブルでもない今の経済的にもう一から始めるのは不可能です。それに人口減少し、自動運転とかで交通も制御できる時代が始まっている今、渋滞解決の大義名分もなくなってきました。裏事情もあって、まず岡山県に比べて広島県は政治力も弱く道路をつくりまくる健ではないから行政サイドもノリが悪いです。それにバイパスというのは通過点の地区にはデメリットしかなくて、あくまで起点と終点にメリットがあるものなんです。もし福山市を起点とすると終点は西の尾道松永方面か東の倉敷となります しかし福山市からすると商業的にも文化的にも尾道方面はともかく倉敷とつながるという思考はありません。福山の影響下にあるのは笠岡までです。そんなメリットのない計画に福山市が力を入れる理由がありませんまだ計画は始まっていません。反対も何も、土地の買収や、住民説明会など、その段階にすらなっていません。スタートラインに立っていないどころか、スタートラインを引くめどが立ってない状態です。同じ管轄である、三原や尾道を優先して建設しています。三原や尾道は平地がなく、生活道路も幹線道路も関係なく、道路一本しかありません。そこが潰れれば終わりです。福山は平地が広がっており、抜け道があります。そのため後回しです。一応、尾道方面から福山市街地までのルートは建設中です。福山市街地は上下合わせて、10車線も確保するそうです。ちなみにバイパスに反対と言っているのはグルです。住民が反対してるからという理由を作ってるだけです。予算があれば無理矢理でも建設します。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です