Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

熱力学における可逆?不可逆の理論 熱力学の問題です aの


熱力学における可逆?不可逆の理論 熱力学の問題です aの。T。熱力学の問題です (a)の問題で、右辺のdpの方は一致するのですがdvの方がどうしても一致しません 回答もみましたが理解できなかったので解説をお願いします ファン?デル?ワールスの状態方程式クラウジウス=クラペイロン。問題は。この補正項をどのように理想気体の状態方程式に導入するかです。圧力
p数式で表すことができて初めて。以下に見るように。それに対して熱力学の
基本原理を適応することにより様々な重要な結論を導き出すことができた。
後に。実在気体の振る舞いにもっと良く一致する改良型の方程式が色々提案され
たが。理想気体の方程式との関連性と。補正の物理的意味の明解さ。大部分の
気体OやNでは。常温で右辺は正となり。熱膨張係数は理想気体よりも
大きい。

熱力学における可逆?不可逆の理論。容易に可逆?不可逆の区別をつかなくさせる.現実の問題に面して分から
なくなった ときに熱力学教科書を開いても教科書は答えてくれない. そのため
,筆者 ? は熱力学を,式を導き内容は抽象的なままで終わりという教え方 は避け
,事実

T dS = T ?S/?pv dp + T ?S/?Vp dV= T ?S/?Tv?T/?pv dp + T ?S/?Tp?T/?Vp dV= Cv ?T/?pv dp + Cp ?T/?Vp dV

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です