Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

狙い目は何月 車を購入予定です ネットではよく安く買うに


狙い目は何月 車を購入予定です ネットではよく安く買うに。信じていいと思います。車を購入予定です ネットではよく安く買うには年末や決算期をねらえと書いてありますが
ディーラーに言って話をしたところ、逆に上記の時期はお客が多く来るから売れない今の時期10月11月の方が安くできると言われたのですが信じていいでしょうか
車種にもよるんですかね 車の値引きにベストな時期はいつ。購入する時期によって値引き幅が変わることは良くあり。前もって準備しておけ
ば非常にお得になるケースがあります。このページでは安い買い時を生かした
準備の仕方も解説していますのでご参考にして下さい。安く買うための情報を
余すことなくご紹介していきます。一番安くなる時期というのが年度末となる
月の決算期です。ただ。この月から月という時期は。年末?年始にお金
を使うことが多くなりますので。夏の時よりは自動車を買おうという

車を購入するなら年末と年始のどちらがお得。今回は。年末と年始で車の購入を検討している人が失敗しないために。それぞれ
の特徴を詳しく紹介していきます。一方。翌年の年月に車を購入して
年月に売却をする場合。車の年式は年と計算される仕組みですよく
ある質問販売店の決算期である月や月は。確かに交渉しやすい側面も
ありますが。必ずしも一番安く買える時期とは中古車では年末年始で大きな
価格差はないため。中古車を購入予定の人は。ご自身の好きな時期で検討すると「狙い目は何月。逆に。新しいクルマが安く買えるのは。販売店が実績を求められる決算期の月や
月です。その時には営業マンの名刺を貰い。「近いうちに購入するつもりで
あること」「他のメーカーと迷っていて決めきれていないこと」をさりげなく

新車買うなら何月。しかし。値引きするにしても時期やタイミングによっては。簡単に値引きを
引き出せる事があります。年末年始も比較的財布のひもが緩くなる事から。
この時期が安く買えると言われています。新車購入時の値引き交渉の
タイミングですが。前項で紹介したように月の決算期と月の決算期に購入する
際には。を知る事と。購入予定のディーラー社以上を競合させると言うのは
。安く車を買う上では必須と言えるかもしれませんね。 ※一緒によく読まれて
いる「関連ページ」クルマ購入は年度末がチャンス。新車ディーラーなどでは決算セールも行われるこの時期。新車?中古車の狙い方
を解説したい掲載されている内容はグー中古車の場合は。目当ての車種を
展示している店舗をまわり。月の週には購入希望の車両を見つける。よく
最新の燃費のいいモデルに乗ることで維持費を安くできる…年月。
消費税が%→%へと増税される予定だ。目の前の一台を買うワケですから
。納期が約週間から日程度と新車に比べて圧倒的に短いのが強みです。

3月?9月の決算期を狙え。月?月の決算期を狙え!新車購入計画 年で一番安く新車を買える月は。決算
月と言われています。 自動車メーカーの決算月は。月の年度末決算と。月の
中間決算です。月の決算期が一番値引きが拡大すると再三言っていますが。
ではいつ契約すれば決算期の大幅値引きの恩恵を受けられるのか時間が無かっ
たり効率よく交渉を進めたい方は。下記で紹介する便利なインターネット査定を
お勧めします。冬のボーナス?年末商戦&新年初売りで新車購入!知らなきゃ損する。投稿日。更新大商談会 特選車 購入 タイミング 新車 自動車 決算
セールでも。実際にクルマを購入しようと思うと。雑誌やネットに情報が溢れ
ていて「いつ買えば本当にお得なの?」と悩んでしまい一般的にクルマが安く
買える時期は。以下の年に回と言われています。お正月にテレビを見ている
と。「新春初売セール」というをよく見ますよね!カーディーラーの多くは。
年末年始の連休明けに新春初売セールを開催するので狙い目です!

新車が安く買える新車購入時期はココだ。場合によっては日を過ぎて月末の契約になっても。どさくさに紛れて決算期の
大幅値引きが適用になるケースボーナス商戦である月や月中の契約では。
営業マンや販売店が月ごとのノルマ達成に力を入れて売り込みをかけこの時期
もメーカーや販売店は。月のボーナスを見込んで。月下旬からボーナスや
年末のキャンペーンを新車を安く買うには。値引きをしてもらうのが一番手っ
取り早いですが。下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

信じていいと思います。年末はディラーに行ってもお客さんが多いです。自分も、10月が一番お客さんが少ないと聞いたことがあります。売れる時より、売れない時の方が安く買えると思います。多少違いがあるので信用できるディラーさんならディラーさんの言う通りにすると一番いいと思います。一概には言えないかと思います。値引きの条件は車種や店や営業さんの置かれた状況によって異なり、かつ時々刻々と変動するためです。車種で考えた例ですが、例えば9月にマイナーチェンジした車種があったとします。a10月に商談したら、平均に近い値引きが取れた仮に▲25万円とします。b翌年2月の決算期3月登録に商談したら、10月より多く値引きが取れた▲30万円。この例だと、決算期の方が値引きが大きいとは単純には言えないと思います。マイナーチェンジの翌月に平均に近い値引き額となったaの方が、値引きの条件自体は良い店としては奮発したと思われるからです。マイナーチェンジから半年も経ったら、その車種の人気などにもよりますがそれなりの値引きはされて当然です。モデルライフは確実に短くなっているわけですから。実は4月に商談しても同条件なのかもしれません。決算期の値引き条件が本当にお得な条件なのか店が身を切って頑張った結果なのかは、個別のケースごとに評価しないとわからないと思います。クルマは買いたい時が買いドキと割り切って、営業さんの話に乗ってみるのもアリかもしれません。聞くだけならタダですし、決めるのは顧客側ですので。信じても良いよ売れる時期にわざわざ安くしなくても売れますから売れない時期こそ狙い目なのですよ親戚がセールスマンやっていて決算期はそこそこの値引きで売れるけど売れない時期は限界ギリギリにしないと売れないって嘆いていました親しい友人が輸入車ディーラーで結構上におるんやけど、ある程度ほんまみたいやで。もちろん、売りたいための常套句ではあるんやけど、決算期の翌月はほんまに売れへんらしい。月のノルマってのもあるから、それを達成したいために決算期並みの値引きはするらしいよ。決算期は放ってても売れるし、客にも「値引きしてくれてる」って先入観があるからガチガチに引かなくても売れるんやってさ。もちろん、店舗や営業マン、メーカーや車種によって差があるから、それは理解した上での話な。まぁ、どこで何を買うにしても、ちょっとでも高く売りたいのが販売店の本音やからな。はいはい そうやって営業トークに騙されて考えるように仕向けられた訳ですディーラーも会社ですから決算期は1台でも多く売りたい!それは当たり前の事です決算で安く出来るところもあるし毎月のノルマが達成出来ないので安くしますと言うこともあります結局営業マン次第です

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です