Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

第13章: 特定外来生物 未判定外来生物 種類名証明書の


第13章: 特定外来生物 未判定外来生物 種類名証明書の。特定外来は飼育できません。特定外来生物 未判定外来生物 種類名証明書の添付が必要な生物 の違いは何ですか 飼育できるのはどれ 外来生物法。特定外来生物」「未判定外来生物」の他にも。これらに外見がよく似ていて。
すぐに判別が出来ない生物については「種類名証明書の添付が必要な生物」に
分類され。外国政府機関が発行した生物の種類名が記載されている証明書を。
輸入の際外来生物法第25条第1項に基づく証明書の発行について。外来生物法では。特定外来生物や未判定外来生物とよく似ている生物を輸入する
際。同法第条第項に基づき。輸入しようとする生物の種類名等が記載されて
いる証明書を添付することを義務づけています。 一般財団法人特定外来生物。種類名証明書の添付が必要な生物とは。特定外来生物又は未判定外来生物と容易
に区別がつく生物以外の生物として。外来生物法施行規則別表第3。第4に
掲げる生物をいいます。 輸入の規制対象となる外来生物代表例 特定外来
生物, 未

輸入に関する手続き。特定外来生物を輸入しようとしている方; 未判定外来生物を輸入しようとしている
方; 種類名証明書の添付が必要な生物を外来生物法では。特定外来生物を輸入
することは原則として禁止されていますが。あらかじめ学術研究。展示。教育。特定外来生物。いずれかを含む。特定外来生物 未判定外来生物 種類名証明書の添付が必要な第13章:。前回は。月日より施行された「外来生物法」で規制される生物のうち。「特定
外来生物」の種類について説明しました。今回はさらに。「未判定外来生物」と
「種類名証明書の添付が必要な生物」について取り上げてみたいと思います。特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律附則第。特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律平成十六年法律第
七十八号附則第二条第一項の規定に基づき。特定国際的にも生物多様性条約
第条において。侵略的な外来生物への対応の必要性が位置付けられ。予防
的な観点に立って。侵入の特定外来生物又は未判定外来生物に該当しないこと
を外見から容易に判別することができる生物は。種類名証明書の添付を要しない

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律外来。わが国にその本来の生息地または生育地を有する生物。外来生物法条項。
種類名証明書の添付が必要な生物特定外来生物または未判定外来生物と容易

特定外来は飼育できません。未判定は、特定外来に近い種類だけど研究が進んでないので特定にすべきかどうか留保中、輸入するなら研究機関で調べて輸入していいか決定するってところです。まあたいていそのまま特定外来にされますが。未判定のままなら今まで輸入されたものを国内で飼育?繁殖するのは自由なので、わざわざ特定にされる危険を冒してまで輸入するなってのが業界の暗黙のルールです。そういうわけで輸入は事実上禁止ですが飼えます。証明書が必要なのは、特定や未判定に見た目がそっくりで紛らわしい種類です。見た目がそっくりなだけで帰化する危険は少ないので、特に輸入申請してもかまいません。もちろん飼えます。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です