Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

通院1ヶ月 交通事故の慰謝料について質問です昨年11月末


通院1ヶ月 交通事故の慰謝料について質問です昨年11月末。事故の治療の為に休むなら有給を使った場合でも休業補償の対象ですいわゆる有給の買い取り健康保険保険証を使わずに自由診療で有っても通院先がよほどのボッタクリで無い限り自賠責の限度内で収まる話かと思います4200×2×57で478800円が恐らく提示される慰謝料でしょうあと4日分の休業補償と交通費もいただけます自身の任意保険の弁護士特約が使えるなら弁護士への依頼で多少は増える可能性も有りますが少なくとも費用を自己負担してまで弁護士に依頼する話では有りませんこれ保険屋にやられそうですね。交通事故の慰謝料について質問です
昨年11月末、信号待ち中に居眠り運転の車に追突されました 頭、首、肩、腰の痛みが続き、11月末から今年5月末まで

脳神経外科でのMRI検査 1回
整形外科の診察とリハビリで合計 26回
整骨院 30回

通院しました 通院のために有給を使ったのが合計で4日間です

相手10:0私 です

この場合、慰謝料はいくらが妥当なのでしょうか

これから示談の具体的な交渉になるのですが、参考にお聞かせください 被害事故の通院慰謝料について。私は岡山県に住んで居りますが。昨年月に自転車で走行中にわき道から
飛び出してきた自動車に轢かれ。頚部と腰部の打撲と上下肢のしびれや相手の
保険屋さんによると車代以外に治療費と交通費と慰謝料と休業損害が出るそう
です。

通院1ヶ月。慰謝料の計算方法や相場について丁寧に解説していきますので。初めて事故に
あって慰謝料額が全然イメージできない事故発生日が以前の
場合は,円~万,円で推移交通事故の慰謝料相場は。通院期間や
通院日数に応じて変動するものです。かありますが。たとえば。自動車の
スピード。信号の色。道路状況などは過失割合を決める重要ポイントです。:lan。年月末現在泉総合法律事務所全体として首都圏最大級の
ネットワークを活かした機動力?行動力によるサポート体制が泉総合ならではの
特徴です。ご相談時には。手続を進める上でのメリット?デメリットや費用
について分かりやすく説明し。ご意向に沿った形で当事務所の渋谷支店では。
債務整理?刑事事件?交通事故?不倫慰謝料?法人破産などの分野において。
無料相談を実施しております。所在地, 〒- 東京都渋谷区渋谷–
青山シティビル階

もらい事故とは。信号待ちで追突事故にあうような単純なケースは別として。過失割合の判断が
難しい場合もあるため。弁護士などの専門家に相談することが有効です。 まずは
。ご自身が加入している自動車保険の内容を見直し。弁護士費用特約が付帯して2021年版交通事故の慰謝料。交通事故の慰謝料は被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる金銭です。
慰謝料請求の流れと納得できる金額にするためのポイント; 交通事故の慰謝料や
示談交渉について。弁護士に頼んだ方がよいつの理由しかし。規制緩和が
進み。平成年に旧任意保険基準が撤廃され。現在は任意保険会社ごとに独自の
基準を設けています。無免許?飲酒?ひき逃げ?著しいスピード違反?信号
無視?薬物使用などで正常な運転ができない状態で運転していたなど。

交通事故慰謝料計算ツール2020。今回は。交通事故被害者の方から最も相談が多いといわれる慰謝料について。
その算定基準と計算方法について福西弁護士にインタビューしてみたいと思い
改めて。福西さんに質問をさせていただきます。この3つの中で一番高い慰謝
料になるのが弁護士基準。次が任意保険基準。最も安いのが自賠責基準です。
入院, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月,
月過去にいただいた相談メールの紹介。慰謝料。後遺症。休業損害などについて。これまでいただいた相談メールと回答
例です。こちらでは。過去に実際にいただいた相談メールのうち典型的な質問
や。少し変わった質問など代表的なものについて。許可をいただいて個人が特定

事故の治療の為に休むなら有給を使った場合でも休業補償の対象ですいわゆる有給の買い取り健康保険保険証を使わずに自由診療で有っても通院先がよほどのボッタクリで無い限り自賠責の限度内で収まる話かと思います4200×2×57で478800円が恐らく提示される慰謝料でしょうあと4日分の休業補償と交通費もいただけます自身の任意保険の弁護士特約が使えるなら弁護士への依頼で多少は増える可能性も有りますが少なくとも費用を自己負担してまで弁護士に依頼する話では有りませんこれ保険屋にやられそうですね。弁護士つけた方がいいんちゃう?示談金について早速お答え致します。整形外科と整骨院の56日の通院日数で示談金は計算されるので56日×4200円×2=400400円となります。有給を使用した場合は休業補償の対象外になります。本来勤労して貰えるはずの金額が貰えないために補償をするものなので。嘘ついて休業補償を貰おうとしたらすぐバレます。会社への確認をする保険会社もいるので、呉々も気をつけて下さい。あと、保険会社には整骨院の事はちゃんと伝えていますでしょうか?整骨院は医者ではないので、通院とは別だと言う保険会社もいます。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です