Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

連立不等式の解き方 数Ⅰの連立不等式の問題で解説をお願い


連立不等式の解き方 数Ⅰの連立不等式の問題で解説をお願い。2つの不等式は、x。数Ⅰの連立不等式の問題で、解説をお願いします
連率不等式X 6<5 X、5X+1≦6X+aを満たすXの整数値が5のみとなるように、aの値の範囲を定めよ 数Ⅰの連立不等式の問題で解説をお願いします連率不の画像。不等式多肢選択問題を解く。この記事では。絶対値記号のついた等式?不等式の解き方を解説します 絶対値の
二次不等式の問題は解法パターンが同じ問題が多いんです なので。この記事
の部分であり。 /[?≦</] となります 連立不等式の解き方。二次不等式編を
お願い致します 変数。不等式制約条件を有する線形問題を作成し解くことを連立不等式の解き方。連立不等式の解き方について。数学が苦手な人でも理解できるように早稲田生が
丁寧に解説します。これを読めば。連立不等式の解き方がマスターできるで
しょう!計算問題や文章題も紹介している充実の内容なので。ぜひ

2つの不等式は、x ≧1-a‥‥①、x<11/2 ‥‥②.同時に満たす解があるから、不等号の向きを考えると、1-a≦x<11/2 ‥‥③、になる。よって、満たす整数解が5だけだから、③より上限が決まってるから、下限を定める事になる。そのためには、条件は2つある。?x=5が③を満たす → 1-a≦5?前の整数:x=4が③を満たせないから、1-a≦4にはなれない。つまり、1-a>4、である。 以上から、4<1-a≦5 → -4≦a<-3.

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です