Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

17512786 ボカロPであるアキバヲタさんのCD『少


17512786 ボカロPであるアキバヲタさんのCD『少。奇跡的に入手できた一人です。ボカロPであるアキバヲタさんのCD『少年法第三条第一項第三号』には、
ボーマスで無料配布されていた別バージョンのCDがあります それには事件の真相を描いた楽曲が収録されているのですが、
内容を知っている方が居ましたら教えていただきたいです_(_^_)_

そのCDが入手出来れば一番良いのですが、流石に困難なので?? 17512786。古臭い泥臭い感じが好 アツイな 歌ってるのもヲタさん うぽつ ボカロバンド
/ オリジナル 弾いてる感いいねえ かっけぇ
語尾にクセがある 最高にロックだ 音の安定 いろは少年法第三条第一項第三号
』アキバヲタ/ボーマス ; 少年は生き。墜落への躍動を開始する

猫村いろは&結月ゆかり『少年法第三条第一項第三号』feat。少年は生き。墜落への躍動を開始する。 ボーマス/ブース。/猫イベント
価格¥ 通販価格¥ 先着名様に。「事件の真相」を描いた楽曲を収録
したを無料配布します。 詳しくはコチラまで通販猫村いろは&結月
ゆかり『少年法第三条第一項第三号』アキバヲタ
ブラッディ グラビティ オリジナル高音質
/ 高音質 Pねじ式メルカリ。アキバヲタボカロボカロ同人アルバム @ @ボーマス
廃盤少年法第三条第一項第三号 アキバヲタ ボーカロイド』
は。回の取引実績を持つ流翠さんから出品されました。邦楽/本?音楽?少年法第三条第一項第三号。少年法第三条第一項第三号 アキバヲタ ボーカロイド
ボーカロイドが通販できます。少年法第三条第一項第三号○発売 年
月日○サークル 猫屋敷○収録曲十歳の植物人間十一歳の実験台十二
歳の傍観者

ボカロPであるアキバヲタさんのCD『少年法第三条第一項第の画像。ヲタニティ~wotanity~なんか用すか。秋葉原ヲタ夫さんのブログです。お前-私-の足枷などどうせ動けないだけの
思い出でお前-昨日の自分-が見せる日々なんて秒も保たない悪戯さだけど信じた
夢結局何が言いたいかというと。僕らの中にある「戸惑い」も「選択」も時間
が経過してくれないことには何にもならないっ今回は小説と並行した
という制作で。駄筆ながら僕が小説書きました。少年法第三条第三号
女の子視点のラブソングはボカロやりだして初めてかな?寒くても全裸。
アキバヲタです。

奇跡的に入手できた一人です。もう廃盤になってるようですしご本人も今や全く活動されてないようですね。それにしても、まさか限定50人しか持っていないCDに関する質問をたまたま発見できるとは…wなんとなくアキバヲタPさんで検索してみて良かったです。文章そのものを載せるには文字数が足りないと思われますので私の方で省略しながらお伝えします。結論から言うと「少年が事件を起こしたのは、事件発生の原因となった少女の誘導によるものだった」という感じです。人気者だった少女に目もくれない少年に対し少年はあらゆる人物に対し無頓着だった、完璧主義だった少女は少年を自分の虜にするにはどうしたらいいか思案します。そこで思いついたのが「笑いかける」というたった一つの行動です。それまで他人に笑いかけられる事などなかった少年が体験した奇妙な出来事。この突然の不意打ちによって彼は少女に恋をします。この内容は「14歳の~」の歌詞の内容にも書かれていましたね。だけど、最大級のコミュ障である少年は少女に対するアピールの仕方を知りません。そこで完璧主義の少女は「少年を極限の行動に移させる事でこの誘惑は完遂する」と考えます。というか思案した結果、それ以外の結論が見出だせなかったのです。少女から少年にこれ以上なんらかの接触を試みるのは「完璧な人気者」ではありません。あくまで、少年から近づいてくる結果でなくてはなりません。これもその後の「15歳~」「16歳~」の歌詞内容に当てはまりますが、少女はたった一度少年に笑いかけることをしただけで、それ以降一切少年に接触しません。中学卒業後に少年が同じ高校に通ってくるというストーカーっぷりを発揮していますが、それも計画遂行の為に無視です。そのせいで少年は困惑?少女を取り囲む者たちへの嫉妬?自分を無視し続ける少女とそれに対する憤怒などの感情にとらわれていき、遂に「17歳の~」で事件が発生します。つまり、17歳~で発生した事件は少女の目論見通りだったという訳です。少女は自分の命よりも「自分が開始した誘惑の完全なる幕引き」のみを重要視していたのです。いわゆる、サイコパスですね。そして、最終的に少年に刺されて命を落とす少女はさらにこの誘惑を完璧なものにさせる為に、息を引き取る瞬間に一つの呪文を彼に向かって唱えます実際に、「最期に呪文をかけてやろう」という少女の心象が書かれていた一文がありました。「ごめんなさい」これによって少年は罪の意識に苛まされ、その人生を終えるまで永久に自分を忘れないだろうと少女は考えます。「自分が殺めてしまった人間から逆に謝られる、ということは今までの自分の感情などを把握していて、この事態が起こった元凶を殺されると同時に理解したということか」と思わせるのが目的です。結果、少年は「18歳の~」で許しを請い、死刑囚の判決が下ってしまった「19歳の~」で少女と自分を置き換え命の尊さに気づき死を恐怖し始めます。そして20歳になった時、刑は執行されます。すべてが14歳に出会った少女による計画だった、というかなりショッキングな内容でした。アキバヲタPさんがこのアルバムで目的としていたのは「壊れていく少年の心象劇」がメインだと思いますが、この裏設定があるおかげで黒幕が少女であるという事実が発覚しましたから、少年はある種の被害者として幕を下ろします。長々と失礼しました。読みづらかったらごめんなさい。アキバヲタPさん、また活動してほしいですね。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です