Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

GS1000と日々の日記:エアクリーナー キャブレーター


GS1000と日々の日記:エアクリーナー キャブレーター。アハハハハ???小石の大きさが不明だがそんなモノ吸い込んでも、ピストンの上支点に行くスピードで出てしまうよ???雨。キャブレーターはファンネルだと小石を吸い込んだときエンジンが壊れると聞きますが
それで小石を吸い込んでエンジンが壊れた人っているのですか
確かにオフロードだと小石は吸い込むかも知れませんが 確かにサーキットでダートに飛び出したら小石を吸い込むかも知れませんが
ですが公道の街中とか峠とか高速道路で小石を吸い込むことってあるのですか

と質問したら
あるかも知れない
という回答がありそうですが

そもそもファンネルて走行方向とは逆のエンジンの後ろにあるのだから小石を吸い込むことってよほど運の悪い人だと思うのですが

確かに吸い込むのは小石だけではありませんが
砂も入るかも知れないし

それはそれとして
ファンネルで異物を吸い込んでエンジンが壊れたという人ってこの世にいるのですか キャブレターのファンネルは車検に通る。やはり。注意点をまとめると一般的な公道での使用はあまりおすすめできず。
レース用のパーツだと考えた方がいいでしょう。 まとめ ファンネルを
取り付けるのはエンジンパワーの向上が目的; ファンネル入り口をスポンジや

吸気の話。キャブレターである以上は吸気に関して拘らなければ最大のパワーは得られない
。 その理由は今時のインジェクションはネット付きファンネル吸入効率を
落とさず小石や異物からエンジンを守ります。 と書いてますが…エンジンに良いのはエアクリーナーとファンネルどっち。ファンネルとは? 基本的にはエアフィルターと同じ役割を持つ機器になります。
空気を吸い込む側に付ける。ろうとラッパ状TG中川。中川 トレーディングガレージナカガワ インテークプロテクター
キャブレター 大型-その他吸気系外観を損なう事なく。小石?ゴミ等の
異物混入を阻止する為のセキュリティーアイテムです。 元々付属されている
ファンネルを使用する事により。本来のファンネル効果を極力損なう事無く。
エンジンへの異物混入を防ぐ全く新しい発想です。冬場に暖機を取るときに
他社のエアーファンネルだとビフォーファイヤーしてファンネルが焼けてしまう
ことがあったのですが

[吸気系カスタムの疑問]社外キャブレターの購入時。純正エアクリーナーボックスに接続するという方法もあるが。多くはパワー
フィルターやファンネルに被せ吸気効率は低下するがエンジンやキャブレター
内部の保護にも有効だ ヨシムラ ユニバーサルオイルキャッチタンクミニ講座/1時間じゃ解からないチューニングの話no。前回キャブレーター用エアーファンネルをご紹介致しましたが。これは空気を
効率よく多量に取り入れる為の部品ですをキャブレターが吸い込まないように
する為の物ですがチューニングエンジンの場合は小石や異物がエンジン
シリンダー内に行かない様にする事も考えている訳です。キャブレターの
チューニングミニでも簡単に小石位は吸い込まれてしまう事があり。ネット付き
のファンネルが

GS1000と日々の日記:エアクリーナー。FCR。CR。TMRなどのレーシングキャブを装着している車両を見ても。
そのほとんどはファンネルです。ことなどと言う人もいますが。同じ
オーバーホールでも磨耗が進んだエンジンとそうでないものはやらなきゃ
いけない程度が違います。砂粒や小石を吸い込んでも。そのまま排出される
ことがほとんどです。気象状況とキャブレターのセッティングの密接な関係とは。エンジンが求める理想の混合気を作り出そうとする装置。キャブレター。外気を
直接吸い込むエアファンネル仕様車は。気温や湿度の変化によって燃焼状況も
大きく変わってくるのが特徴。モンキーやエイプのキャブレターを

アハハハハ???小石の大きさが不明だがそんなモノ吸い込んでも、ピストンの上支点に行くスピードで出てしまうよ???雨?水滴?バカいいなさるな。シリンダー内一体何度で燃えているのか知らないか??多少の水分なぞ燃えて蒸気になるだけだ。確かにチリ、ゴミは吸い込むが、舗装された都内、高速等じゃそんなに傷まない。60000km弱でヘッドOHしたが、リングが少し減っていた程度だ。初めからずっとファンネルだから事実。全く耳年増ばかりだな????ここは。それとも余程土、砂でも多いド田舎か?笑インナーフェンダー無しだったらリアタイヤの巻き上げで入るかもしれませんね。吸気ポートに入ってバルブに噛みこんで止まるかシリンダーまで行けば小石なんか粉々になります。キャブ、バルブシール、シリンダーライナーは傷だらけにはなるでしょうね以前日光でエンジントラブルかと思いきやファンネルの茶こしに落ち葉がへばりついていたことはありますよどのみち長く使いたいならファンネルはNGサーキットなど短期使用ならファンネルがいいかなぁ公道の街中とか峠とか高速道路で小石を吸い込むことってあるのですか。若い人は知らないだろうが、50年以上も前だが、一桁国道でも未舗装の所があった。その頃は、エアクリーナを外す事は、即、エンジンの破損につながった。 ファンネルで異物を吸い込んでエンジンが壊れたという人って この世にいるのですか。公道使用のレースでは、今でも偶に発生する事がある。急激にパワーダウンし、リタイアを余儀なくされる。いちいち発表はしないので、一般人で知る人は少ない。小石や砂といった、径の大きなものではなく、細かなチリや水滴などもエンジンを壊すのには充分だ。パリ-ダカで、細かな砂礫を吸い込んでエンジンを壊すケースは多い。もちろん特別な、サイクロン式のエアクリーナなどを装備していても発生する。まぁ、今の日本で、舗装路しか走らない?雨天時は走らないってマシンなら、ファンネルだけでも何とかなるだろうが、1万キロも走ってから分解して摩耗を調べたら、違いは確認出来るだろうなとは思う。そもそも、エアクリーナを外してファンネルにすると出力が上がるなんて勘違いしている馬鹿が多いが、実はキャブに負圧が発生しにくくなり、依って燃料も吸い上げ難くなり、上手にセッティングを変更出来なければパワーダウンが必至なのは論を待たない。レース用車両がサーキット内だけを走り、レース毎に分解清掃されるなら、ファンネルだけでも問題は無い。確かに誇りなどを吸いやすいですが私は、中に茶こしの網を入れて対策してます!覗かない限り見えないので!見た目も大丈夫です!ファーネルは、レーシング向きなんで加速が違いますよ!ファンネルはファションです。エンジンが調子悪くなっても平気なのです。いると思いますよ。世の中には思いがけないことをする人がいるものです。確かに画像のような状態ならよほどのことが無い限り「小石」を吸い込むことはないでしょうが、全ての車両がこのような状態とは限りませんね。前方吸気状態で装着されている車両もありますし。未舗装の部分に転倒すれば吸い込むこともあるでしょう。オフロードでファンネル装着車は見たことがありませんがそれも絶対に無いとは言えませんしね。普通は小石ではなく様々な異物を吸い込むことによってエンジン内部の消耗が進み。寿命が短くなるって感じでしょうね。いろんな精密機械などは吸気部分にフィルターが付いていた方が良いです。パソコンも内部を分解すると凄い埃です。埃が原因でのトラブルは少なくありません。一見綺麗に清掃が行き届いた都市部市街地の道路でも実際には少なくない砂塵を吸い込みます、経験から謂うとエアクリーナーBOXそのままでエレメント外して2年走ったZⅡのエンジンが酷い状態だったのを目の当たりにしました。ファンネルのみだと壊れない迄もエンジンには宜しく無いと思えますけどねぇ………後輪は結構小石を跳ね上げる事をご存知無い?ワタシの場合は急にエンジンが止まったと思ってエンジン開けてみたらバルブに挟まっていた。居ますよ。小石でなく砂埃だね、それだけなのにエンジン開けた時傷入ってたよ。あと、水が入ってウォーターハンマーで壊したやつもいる。てか、純正でなんでエアクリボックス採用してるか考えればわかるだろ。ファンネルなんぞ、リスクの方が大きすぎて使い物にならん小石じゃなくても砂煙吸い込んだり水滴吸い込んだりで危険性大です網付けても意味ないからカッコ付けですね、それでもファンネルはカッコいいし晴れの日の街中では大丈夫でしょうそもそも裸ファンネル装着者は覚悟決めてるでしょレーシングキャブ含めて

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です