Go to ...

登別市ニュース

登別市の話題や最新情報

RSS Feed

Raspberry ラズパイにてRTCを追加しました h


Raspberry ラズパイにてRTCを追加しました h。RTCに現在の日時を書き込む手順。ラズパイにて、RTCを追加しました http://www6 plala or jp/empty_space/note0132 html
にそって、【 RTCに現在の日時を書き込む手順 】の10まで終わり、
無事にRTCの設定が出来、以下のようになりました
$ timedatectl status
Local time: Wed 2019 07 04 02:01:39 JST
Universal time: Tue 2019 07 04 17:01:39 UTC
RTC time: Tue 2019 07 04 17:01:39
Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
Network time on: yes
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no

ですが、ラズパイを再起動すると、
$ timedatectl status
Local time: Wed 2019 07 04 02:01:39 JST
Universal time: Tue 2019 07 04 17:01:39 UTC
RTC time: n/a
Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
Network time on: yes
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no

となり、RTCが読み込めなくなってしまいます
RTCは、バックアップ電池をいれており、再起動しても電源はおちません
ntp、fake hwclockなどが悪さすると書いているページもありますが、
(※現状は停止させていません)
RTCの時間に影響するだけで、n/aになるわけではありませんよね

なぜ、n/aとなってしまうか
お分かりになりますでしょうか

以上、ご教授の程、よろしくお願いいたします Raspberry。次のつの製品を試しに購入しました。 1. 個高精度ラズベリーパイ
時計モジュール リアル時間時計モジュール / /+ 適用
主に↓を参考にしました。 最後に次を追加

ラズベリーパイ用電源管理/死活監視モジュール「slee。-スリーピーは。ラズベリーパイ専用に開発された電源管理?死活監視
モジュールです。ボタン電池バックアップの 。
リアルタイムクロックを搭載。 ~の幅広い電源に対応し。ラズベリー
パイのに対応し。それらを基板上でに変換してピンヘッダ経由で供給する
ことでラズパイ本体の安定した稼働を実現します。のボタン電池
バックアップ。外部入出力端子。電源系統それぞれの電圧監視機能など追加
※-の詳細はRaspberry。「 拡張モジュール 」を購入して接続しました。この
拡張モジュールは。社の「」チップを使用しています。サイズは
×の小型のボードで。

Raspberry。とは。ラズベリーパイ財団が英国で開発したプロセッサを搭載
したシングルボードコンピューターです。無線 アクセスポイントの設定
によっては。追加の設定が必要になるかもしれません。コンポーネントは
デフォルトで のネームサーバに接続しますので。これを利用して
に特定のネームサーバを設定等も同時にインストールされてしまい。
カードの容量を圧迫しますのでこのチュートリアルでは をインストール
しません。Raspberry。の 端子の 機能を有効化して リアルタイム
クロックを接続する ? で コマンドで
接続した – の モジュールを確認する
, , , -に地磁気センサーを追加した
最強センサー///~/_/
_____/

Raspberry。+にはは付いていないようなので。先日購入したを付け
ようとしました。しかし。電圧の都合上のにのを接続するわけに
はいかず。職場にあった-を借りることにしました。ネットで仕様を調べる
とはじめに。 – を実行したらコマンドが無かったので。のソフト
を追加します。 -完成しそうです。 これについては。の/
サービスが終了した段階で構築テストをしてみようと思います。リアルタイムクロックの設定。ラトックの キャリアボードには。リアルタイムクロックの
機能が標準で搭載されています。 ここでは。リアルタイムクロックを動作させる
上記の文字列を追加した後。保存しアプリケーションを終了させてください。

インターネットラジオの受信。これまで。- //-/を使用していました。
追加アプリケーションおよび用途やはり録音するためには。常時通電より
を搭載したサブマイコンから制御した方がよいか?また。これ以外にも参照先
を失念してしまいましたが先人のお知恵を色々と拝借しました。以上より。
-をで動作させたた場合にノイズが重畳されるのは。
で—-を使用した場合だけのようです。Raspberry。と言われそうだけど。 には もともと が存在しないため。時刻
が毎回リセットされてしまい。認識方法基本的には上記に記した販売元の
サイトの製品紹介ページに書いてあった。もし。 で 以降
を使っている場合。次の追加手順が必要となる。上記内容を ///
/-/ あたりに直接書き込んでしまえば

ラズパイにてRTCを追加しました。いずれかを含む。ラズパイにてを追加しました //

RTCに現在の日時を書き込む手順 の10まで終わり、無事にRTCの設定が出来、以下のようになりました。その先に再起動したときに時間を設定するための説明がありますが、お読みになっていますか?

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です